水江未来

水江未来

生命を生き生きと動かすアニメーション

1981東京生まれ。3歳のときに完璧な円を描いて周囲を驚かせる。多摩美術大学でグラフィックデザインを専攻。描いたイラストが動いて見えると言われたことをきっかけに1人でアニメーションを作り始める。全ての原画を手で描き、1枚1枚をコンピューターに取り込んで動かすアニメーション作法と、その原画の完成度の高さとが、国境もアニメーションの枠も超えて人々の心を虜にする。在学中のデビュー作『FANTASTIC CELL』(2003)が文化庁メディア芸術祭で審査委員会推薦作品に選出と同時に世界デビュー。修了制作『LOST UTOPIA』(2007)が世界30以上の映画祭で上映され、制作してきた短編アニメーションは常に世界各国で愛され続けてきた。2011年作品『MODERN No.2』が世界三大映画祭のひとつ・ベネチア国際映画祭(イタリア)オリゾンティコンペティション部門で正式上映され、世界最大級のアニメーション映画の祭典・アヌシー国際アニメーション映画祭(フランス)で最優秀映像音楽賞(SACEM賞)を日本人として初受賞。広島国際アニメーションフェスティバル他国内外の映画祭で選考委員、審査員をつとめる他、「ブレーキ」(山田悠介著)表紙などイラストレーター・グラフィックデザイナーとしても活動。MIRAI FILM代表。日本アニメーション協会・理事。多摩美術大学非常勤講師。

ITEMS BY THIS ARTIST

RANKING

POPULAR ARTISTS

RECOMMENDED