運営ディレクター募集のお知らせ
かのうたかお

かのうたかお

器と造形物の境界を紛らわすような作品

1974年、京都生まれ。1998年京都精華大学美術学部造形学科陶芸卒業後、青年海外協力隊隊員として西アフリカのニジェール共和国にて陶磁器の制作指導に携わる。2001年帰国。その後2002年より、全国の美術館やギャラリー、博物館等にて個展・グループ展を精力的に行っている。アフリカ滞在時に訪れた砂漠に感銘を受け、砂による造形を始める。器と造形物に同時に対峙し制作する事で、その境界を彷徨いつつ、紛らわすような作品を作る。器と造形作品を同時に発表しながら既存のやきものの価値を問う。主な受賞歴として2008年国際陶磁器展美濃銀賞。2013年天祭一〇八グランプリ。

ITEMS BY THIS ARTIST

RANKING

POPULAR ARTISTS

RECOMMENDED