運営ディレクター募集のお知らせ
大槻香奈

大槻香奈

少女をモチーフに、女性、人間、生命そのものを捉える!

1984年生まれ、京都在住の美術作家。少女モチーフを通して、主にアクリル画で現代を表現している。2007年より国内、海外で数々の展覧会に参加し、日本では年に約1度個展を開催している。代表的な展示は2007年「再生回路」、2008年「わたしの海について」、2009年「生み出す無」、2010年「すべてになるその前に」「雲と石」、2011年「乳白の街」、2012年「地平線は羽化する」「母なる水平線」「みんなからのなか」。またイラストレーターとして、りそな銀行やeposカードなどの券面デザイン、映画の劇中絵、書籍、ポスター、CDジャケットなどにも作品を描き下ろしている。

ITEMS BY THIS ARTIST

RANKING

POPULAR ARTISTS

RECOMMENDED