抜水摩耶

抜水摩耶

エネルギッシュな作品で田名網敬一や伊藤桂司らも評価する若手女性作家。


1982年京都生まれ、東京在住。2007年京都造形芸術大学大学院芸術表現専攻修了。女性が本来持つエナジーの肯定に満ちあふれた、抜水の描く「戦闘する少女」は、「NEW POP」とも呼べる新しいスタイルで、日本の若手女性作家として高い評価を集めている。受賞歴に、2005年「ARTBEAT KYOTO 2005」グランプリ、伊藤桂司選受賞。「第5回21世紀アジアデザインコンペ」準大賞受賞など『CowParade東京丸の内 2008』『アーティストチェア by graf + 10 Artists』 、『Flowering』gallery trax/山梨(2009)、『Tokyo Decadence』 Ten Haaf Projects/アムステルダム(2010)、『It must be your sexy way』AKI Gallery/台北(2010)、『渾變台日交流展 trans-plex』 關渡美術館/台北(2011)など数々のグループショウやアートフェアに出展。主な個展に『私は強い、お前は弱い』ArtJam Contemporary/東京 (2009)、『爆弾 in my head.』OVER THE BORDER/東京 (2013)など。2013年に 作品集「Marguerite」 (ERECT Lab.)を出版。

ITEMS BY THIS ARTIST

RANKING

POPULAR ARTISTS

RECOMMENDED