年末年始休業のお知らせ/年末年始の配送予定につきまして

tofubeats × error403 対談 ネット世代のクリエイターが向かう先

共にこの春大学を卒業した、
ネット世代を代表する二人のクリエイター

インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:豊島望(2013/4/26)

ニコ動やTwitterといったソーシャルメディアの浸透は、クリエイティブの現場を大きく変えた。なかでも顕著な変化と言えるのが、クリエイターの低年齢化だろう。「作りたい」という意欲さえあれば、年齢も場所も問わずに作品を発表できる場が生まれたことによって、学生のうちから脚光を浴びるクリエイターがさまざまな分野で現れている。しかし、そういった人たちがそれをそのまま仕事として続けていくことができるのかと言えば、それはそうとは限らない。ネットの中のルールと外のルールはまだまだ差が大きく、そこにはクリアすべき課題が数多く残っているし、もちろん、本人がどのような将来への展望を持っているかによっても、その先は大きく変わってくる。

中学時代からネット上に曲をアップし始め、今ではアイドルのプロデュースからウェブCMなどのクライアントワークまで幅広く活躍している神戸在住のトラックメイカー / DJ、tofubeats。Twitterのフォロワーは17万人以上、4コマ漫画やイラストをはじめ、さまざまな作品を手掛ける北海道出身のフリークリエイター、error403。共に1990年生まれの二人は、この春大学を卒業し、作り手としての新たな一歩を踏み出したばかり。実際に会ったことはなかったものの、インターネットを通じて共通の知り合いが多いという、このネット世代を代表する二人の若きクリエイターは、はたしてこれからどこへ向かうのか。あちこち寄り道をしながらも、ネット世代のリアルを浮かび上がらせ、もの作りの本質へとたどり着いた1時間半に及ぶ対談は、error403が少し遅れて取材現場に到着したところから始まった。


たまに実家帰ると、「家族のTLぐらいちゃんと見なさい」って怒られます。(error403)

— エラーくん、道迷いました?

error403:ちょっと日光に動揺してしまって。普段は家に引きこもっていて、あんまり外に出ないんで……このままだと健康によくないとは思うんですけど。

tofubeats:日当たり悪いんですか?

error403:部屋にばっかりに当たってて……。

— 中には入ってこない(笑)。

tofubeats:僕の実家がそんな感じの部屋で、去年の夏ぐらいに健康の悪さがスパークして病気になっちゃったんですよ。今はめちゃめちゃ日当たりのいい場所に引っ越したんで、「これなら引きこもってても鬱にならない!」って最初の2か月くらいは思ってたんですけど、やっぱり外に出ないとちょっとずつ……。

tofubeats
tofubeats

— 基本的に二人とも引きこもりというのは一致してるみたいですね(笑)。人が多いところは苦手ですか?

tofubeats:東京はどこ行ってもしんどいですね。もう4年間ぐらい毎月来てるんですけど、まだ慣れてないです。エラーさん、東京は大学からですか?

error403:そうです。高校生まで北海道にいたんですけど、気づいたら実家が東京にあるという事態になって。

tofubeats:どういうことですか?(笑)

error403:大学2年の夏に帰省したら、空の家しかなかったんです。大きめの家具とか冷蔵庫とか全部なくて、「あれ?」と思って家族に電話したら、「東京に移ったよ」って。

tofubeats:事後報告(笑)。じゃあ、北海道では佇むしかないですね。

error403:そのときは修行のような気分になって、もぬけの殻になった家で1週間、60個くらい4コマ描きました。

tofubeats:でも、親から引っ越すことって言われないもんなんですね。

error403:わかってると思ってたみたいで。家族全員Twitterやってるんで。

— へー、珍しいですね。

tofubeats:実はうちも家族全員やってます(笑)。あ、オトンだけやってないか。

error403:たまに実家帰ると、「家族のTLぐらいちゃんと見なさい」って怒られます。

tofubeats:うちはフォローし合わないっていうルールがあって、オカンはK-POPのオタ友達とかと使ってて、妹は非公開で大学の友達と使っています。でも、東京に来るようになって、「メール送るのめんどくさいからTwitter見て」って言ったら、オカンがすげえ見るようになって、「こんなことまで」っていうような僕の仕事を知ってたり(笑)。しかも最近検索を覚えたらしく、「ラジオでかかったよ」とか友達より早く教えてくれたり、「『SMAP×SMAP』の録画忘れた」ってつぶやいたらDVDが送られてきたり、「ソーシャルすげえなあ」って思いますね(笑)。

同じような音楽が好きな友達って神戸にはまったくいなくて、ネットがあったからどうにかやって来れた。(tofubeats)

— お二人ともまさにインターネット出身のクリエイターと言えるかと思うのですが、お互いの存在はいつ頃から知っていましたか?

tofubeats:よく「フォローすべきアカウント紹介」みたいので取り上げられていたので、『ジオラマ』(森敬太主宰の自主制作漫画誌で、error403が参加している)を見る前から実は知ってました。Twitterは高校生だった2008年の春ぐらいに始めて、当時は「友達しかフォローしない」というルールがあったし、今もブックマークとかで見てるんで、エラーさんとお互いフォローし合ってないことに、今回の対談のお話をもらって初めて気づきました(笑)。

— そういうものかもしれないですね。

tofubeats:しかも以前は漫画を描いてるのも知らなくて、ネタポストの重鎮、プロのハガキ職人みたいなイメージだったから、『ジオラマ』を読んでやっとリンクした感じでしたね。

tofubeats×error403対談
左から、tofubeats、error403

error403:僕も高2の冬あたりに、姉に教えられてTwitterを始めました。トーフさんを知ったのはたぶんdj newtown(tofubeatsの別名義)のランカ(・リー)ちゃんの曲。

tofubeats:あ、じゃあやっぱり2008年ぐらいですね。Twitterやってる人超少なかったですよね。

— お二人ともTwitter歴はかなり長いんですね。ちなみに、さらにさかのぼるとそれぞれどんな子供だったのでしょう?

error403:僕は小っちゃい頃からお調子乗りというか、クラスでくだらないことやっているタイプの人間でした。あと、大人から気に入られたいって思いが強かったので、Twitterを知ったときの喜びは大きかったです。高校生ってだけで、少し珍しい存在になれた。

tofubeats:そうそう、チヤホヤされましたよね。

error403:「大人たちが絡んでくれる」っていうのが嬉しかったし、だんだん「ふぁぼったー」とかも出てきて、「同じようなこと考えてるんだ」っていうのが新鮮だったり。

— リアルだとなかなか感じられないことが、Twitter上だと感じられたと。トーフくんは中学生のときから曲をネットでアップしてたんですよね?

tofubeats:中1で部屋にインターネットが開通してしまって、2ちゃんねるとかVIP全盛期にバリバリハマってました。中高大一貫校に通っていて、勉強しなくてもよかったので、ずっとインターネットやってましたね。学校だと地味というか、音楽作ってるらしいけど何やってるかよくわかんない人、という感じで。だから学校は適当に行って、バイトしてインターネットして曲作ってっていう、「インターネットにしか友達いない」みたいな感じでした。

— いつ頃から音楽関係の交流が広まっていったんですか?

tofubeats:高校になって、バイトで貯めたお金で東京に行けるようになって、インターネットで知り合った人と会えるようになったんです。同じような音楽が好きな友達って神戸にはまったくいなかったんで、マルチネ(Maltine Records=日本のネットレーベルの草分け的存在)のみんなとネットで出会えたときは「うわ! 世界広がった!」って思ったんですけど、よく調べたらみんな関東にしか住んでなくて(笑)。だから、最初のうちは関東にガーッと集まっていて、山形に1人、神戸に僕みたいな感じ(笑)。山形にいたイミジクモくんは、俺とかimoutoidがいるからわざわざ京都の大学に進んだり、関東じゃない人たちはそれぐらい「どうしよう?」っていう悩みがあったんですけど、ネットがあったからどうにかやって来れたって感じなんですよね。

iPhone5ケース「college of remix」(ホワイト)

iPhone5ケース「college of remix」(ホワイト)

tofubeats
¥3,780
iPhone5/5S/SEケース「college of remix」(ブラック)

iPhone5/5S/SEケース「college of remix」(ブラック)

tofubeats
¥3,780
iPhone5/5Sケース「パリピーポン」

iPhone5/5Sケース「パリピーポン」

error403
¥3,780
iPhone5ケース「ティグリンドン」

iPhone5ケース「ティグリンドン」

error403
¥3,780
iPhone5/5Sケース「めちゃすんでる」

iPhone5/5Sケース「めちゃすんでる」

error403
¥3,780
iPhone5/5Sケース「じつはすんでる」

iPhone5/5Sケース「じつはすんでる」

error403
¥3,780
『ジオラマ』第4号

『ジオラマ』第4号

¥1,026
『入り鉄砲に出女 - tofubeats EDO remix』[アナログ]

『入り鉄砲に出女 - tofubeats EDO remix』[アナログ]

タルトタタン
¥1,188

BRAND INFORMATION

tofubeats

tofubeats

1990年生まれのトラックメイカー/DJ。ネットで100曲以上の膨大な量の楽曲公開をし続けるかたわら、様々なアーティストのリミックスも手がけ、その手腕はジャンルや世代を超えて高い評価を得ている。2011年にはHIP HOPアイドル「tengal6」のシングルの詞曲プロデュースも行った。DJとしても精力的に活動しており、史上最年少で日本最大級のテクノフェスWIREに出演し、J-POP DJイベント最高峰「申し訳ないと」まで幅広く出演している。


tofubeats

『lost decade』(CD)

2013年4月24日発売

価格:2,100円(税込)

QYTB-00001




tofubeats

『university of remix』(CD)

2013年4月24日発売

価格:2,100円(税込)

QYTB-00001
error403

error403

10万人以上のフォロワーを持つtwitterユーザー。 短いジョークのようなテキストで人気を博す。 謎が多い人物だが、インターネットを通してイラストや漫画などの作品を発表している。

OTHER FEATURES