年末年始休業のお知らせ/年末年始の配送予定につきまして

tofubeats × error403 対談 ネット世代のクリエイターが向かう先

「自分の名前が入って出るものを他人が扱う恐怖」みたいなものとどう向き合っていくか。(tofubeats)

— 「1人でやるか、共同作業か」っていうのは、今後のキャリアにも関わってくるテーマですよね。

tofubeats:1人でやってると、できあがったものが全部自分の手柄じゃないですか? だから僕も極力1人で完結させたいんですけど、歌がすごく下手だったり、いろんな問題があるから,その問題をクリア出来る人を呼んでるっていうのはありますね。

error403:僕はできるんだったらいろんな人とやってみたくて、けどできないから今1人で作ってるって感じなんですよね。トーフさんがいろんな人とコラボしてたり、マルチネで集まってみんなで盛り上がるとか、そういうのにずっと憧れがあって。

tofubeats:でも、僕からすると『ジオラマ』がそうなんですけどね。マルチネも『ジオラマ』とノリは一緒で、それぞれつながってるんですけど、全体で「俺たちマルチネ!」っていうのはないんですよ。社長がマルチネとしてまとめてるだけで、『ジオラマ』も似てるなって思ってますね。あと、僕の場合「餅は餅屋」みたいな発想がどうしてもあって、たとえばウェブサイトを自分で作ってるんですけど、あれもホントは誰かに任せたくて。まあ、そうするとよくないデザインが上がってきたときに、それも自分の責任だと思わないとっていう、そこら辺が難しいですよね。「自分の名前が入って出るものを他人が扱う恐怖」みたいなものとどう向き合っていくか。これ話すと、「そう思うのは若いからだよ」って超言われるんですけど(笑)。

tofubeats×error403対談

— 昨年の10月に出たエラーくんの単行本『オチとは』は『ジオラマ』のレーベルからの発売で、あれは共同作業だったんじゃないですか?

error403:あの本を作ったときはすごく楽しかったですね。「こういうこと僕もできるんだ」みたいな、ホントに『ジオラマ』に関われたことが僕にとって財産になっていると感じます。最近は「アイコンが真顔のスーツだから面白い」「ずっとフォローしてるからわかる面白さ」とか言われる事が増えて、キャラクターに甘えることが増えたというか、ぬるま湯に浸かってるような感じがあるんです。でも、『ジオラマ』は自分がやりたいことをやって得た関係性だと思うし、あそこでは自分の実力だけで勝負できてるような気がして、それが個人的には嬉しくて。

tofubeats:あの本に描いてるみんな、緊張感すごいと思うんですね。ざっくり言って、立ち位置が横一列の人たちと一緒に本にさせられるわけじゃないですか? 内心バチバチとまでいかなくても、緊張感は絶対ありますよね。マルチネもまさにそんな感じだと思うし、僕も小室哲哉と比べられるよりも、オカダダ(Maltine Recordsから作品をリリースしているDJ / トラックメイカー)と比べられる方が緊張感あるっていう。

error403:そういう環境が、実力行使をしたいっていう自分の欲望の背中を押してくれる感じがあって、「error403」を知らない人が僕の漫画を読んで「やばい」ってなるように、実力でなんとかしたいっていう気持ちが今は強いですね。

具体的なビジョンは全然ないですね。「そのとき何が楽しいか」です。(error403)

— お二人ともこの春に大学を卒業したばかりですが、エラーくんは就活しなかったそうですね?

error403:はい、まったくやらなかったですね。「これでやっていける」みたいな、強い確信があったわけではないですけど……。トーフさんはしました?

tofubeats:僕はしました。エラーさんはどの時点で就活しないって決めたんですか?

error403:大学3年の夏には決めてました。いろんな人と共感できる部分はなるべく増やしておきたいと思っていたので、最初は就活を経験しておくのもいいかなって思ったんですけど、それだと動機が不純かなって。就活、どうでした?

tofubeats:やってみると、なかなか面白いんですよね。僕は普通の4年制大学で経済を勉強してたんで、銀行とか広告業界、お菓子メーカーとか、あと楽器メーカーも受けました。声をかけていただいた会社から内定をもらったりもしたんですけど、だんだん鬱になっていき、胃潰瘍で床に伏し、それで就職活動は全部やめたんです。

error403:最初に言ってましたね、体を壊したって。

tofubeats:肉とかも食べれなくなって、ガリガリでホントにヤバくなって、さっき話した日当りのいい場所に引っ越したんです。で、ようやく体が治ってきたタイミングで、せっかく家にいて、曲は作れるから、アルバム作りましょうってことになったんです。今はアルバム作って出がらしみたいな状態なんで、これから先のことは全然わからないんですけど(笑)。

error403:そういうことがあったんですね。

tofubeats:だから、僕の場合は音楽を出して、売れなかったら就職するっていう。就職は就職で面白いと思ってる部分もあるので、「絶対に音楽で」ってわけでもなく、それこそ死にかけてたんで、「元気なだけいい」みたいな。親も「楽しくやってるなら音楽やりなさい」みたいな感じなんで(笑)。

— 大学卒業のタイミングで初のアルバムって、外から見ると「ついに覚悟を決めたか」みたいにも見えますよね。

tofubeats:覚悟を決めてないこともないんですけど、「覚悟するほどのもんでもなかったな、だって神戸にいるし」みたいな感じなんですよね。ただ、保険にだけは入っておこうっていう、それが社会人ですよね(笑)。

— ちなみに、エラーくんって大学では何を勉強してたんですか?

error403:何やってるかよくわからない学科ってどこの大学にもありますよね。いわばその美大版みたいなところで、わりと何でもやらせてもらっていました。音楽作りたければそういう授業もあって、LOGIC(音楽制作ソフト)いじらせてもらったり。その中のプログラミングの最終課題が「何か面白いもん作れ」という完全な無茶ぶりで、そのときは4コマ漫画を自動生成するサイトを作って、無理やり自分のやってることと結び付けて楽しんでました。

— そうやっていろいろやってきたことで、これからもいろんなことを自分でやっていきたいっていう考えにつながってると言えますか?

error403:「やろうと思えば何でも自分で作れるよ」っていう、そういう精神的なものは合ってたのかなって思いますね。たとえば「アニメは自分じゃ作れない」っていう風に、最初から自分で可能性をふさいでしまいがちだと思うんですけど、意外と何でもできるんです。大体どんな分野でも手を動かした分だけ、手は動くというか。だから、Twitterや漫画ばかりである必要もないかなって思ったり。

— でも、具体的な今後のビジョンがあるわけではない?

error403:全然ないですね。「そのとき何が楽しいか」ですね。

tofubeats:僕も何をやるにしても「3か月楽しくないのが続いたらやめよう」っていうのは決めてるんですよ。

error403:うんうん、大事ですよね。

tofubeats:そのときやりたいことをやりたいっていうのはありますね。

iPhone5ケース「college of remix」(ホワイト)

iPhone5ケース「college of remix」(ホワイト)

tofubeats
¥3,780
iPhone5/5S/SEケース「college of remix」(ブラック)

iPhone5/5S/SEケース「college of remix」(ブラック)

tofubeats
¥3,780
iPhone5/5Sケース「パリピーポン」

iPhone5/5Sケース「パリピーポン」

error403
¥3,780
iPhone5ケース「ティグリンドン」

iPhone5ケース「ティグリンドン」

error403
¥3,780
iPhone5/5Sケース「めちゃすんでる」

iPhone5/5Sケース「めちゃすんでる」

error403
¥3,780
iPhone5/5Sケース「じつはすんでる」

iPhone5/5Sケース「じつはすんでる」

error403
¥3,780
『ジオラマ』第4号

『ジオラマ』第4号

¥1,026
『入り鉄砲に出女 - tofubeats EDO remix』[アナログ]

『入り鉄砲に出女 - tofubeats EDO remix』[アナログ]

タルトタタン
¥1,188

BRAND INFORMATION

tofubeats

tofubeats

1990年生まれのトラックメイカー/DJ。ネットで100曲以上の膨大な量の楽曲公開をし続けるかたわら、様々なアーティストのリミックスも手がけ、その手腕はジャンルや世代を超えて高い評価を得ている。2011年にはHIP HOPアイドル「tengal6」のシングルの詞曲プロデュースも行った。DJとしても精力的に活動しており、史上最年少で日本最大級のテクノフェスWIREに出演し、J-POP DJイベント最高峰「申し訳ないと」まで幅広く出演している。


tofubeats

『lost decade』(CD)

2013年4月24日発売

価格:2,100円(税込)

QYTB-00001




tofubeats

『university of remix』(CD)

2013年4月24日発売

価格:2,100円(税込)

QYTB-00001
error403

error403

10万人以上のフォロワーを持つtwitterユーザー。 短いジョークのようなテキストで人気を博す。 謎が多い人物だが、インターネットを通してイラストや漫画などの作品を発表している。

OTHER FEATURES