キット / 模型「005 Plywood chair / プライウッドチェア」

¥ 1,161(税込)
10ポイント還元

ギフト対応

パッケージサイズ:W105×H155mm
内容量:1セット(椅子、背景)
カテゴリ
カメラ・トイ・ガジェット
ジャンル
キット    模型
出荷目安
決済完了から土日祝日を除く、2営業日以内に出荷
→出荷目安について

ジャスパー・モリソンの名作チェアが手のひらサイズに

原寸の16分の1のサイズで作って集める椅子とインテリアの紙模型プロジェクト「One to Sixteen」。世界の名作デザイナーズチェアを自分で組み立てて楽しむ、手のひらサイズの紙の工作キットです。福永紙工と家具・空間デザイナーの安積朋子とのコラボレーションで生まれました。

ジャスパー・モリソンよって1988年に制作されたこちらの「プライウッドチェア」は、化粧合板と木ネジだけで構成されており、ベルリンで開催された『Some New Items for the House』という展覧会のためにデザインされました。細部まで精巧に作られており、一見紙とは思えないほど! お部屋のオブジェ、ジオラマとしてお楽しみ下さい。

{alt} 「空間にいくつかのオブジェを置く事で、自然に室内空間が出来上がることを意図した」とモリソン氏自身が語るように、この展示『Some New Items for the House』は過剰なデザインで人の目を引くことを避け、控えめなアイテムによってリアルな室内を作り出す試みとして開催されました。モリソンのデザインはいつもしかるべき状況の中で生まれたと言われています。この時も手元にあった電動のこぎりと、造船工のための曲線定規だけを使い、合板から部材を切り出してこの造形が作られたのでした。

「プライウッドチェア」は、背にフラットな面がないことが特徴の一つとされています。最初の展示の際には、背板のあるバージョンも同時に発表されましたが、「座り心地は良いけれど、わくわくしない」との理由から、今のデザインが採用されました。ただ、座り心地への考慮はあり、座面とその下にある構造の部分にある小さなすき間が、座った時の当たりを緩和するクッションの役割を果たしています。80年代の装飾過剰なデザインへの反動となったこの展示以降、この椅子は90年代を象徴するミニマルなデザインを代表する作品となり、のちにヴィトラ社から発売され最近まで販売されていました。

One to Sixteenの公式サイトでは、眺めるだけでなく作った後も楽しめるよう、インテリアや小物のフリーダウンロードサービスも行っています。

■One to Sixteen
フラットな印刷物を切り取り折り曲げると、そこに立体が生まれて周りに小さな空間が立ち上がる。 そんな紙で作るジオラマの楽しみを、椅子とそれが生まれた背景のインテリアを通してお届けするのが1:16 ミニ・ミュージアムの使命です。本物の椅子を手に入れるのが難しくても、この小さな模型と部屋の一画の再現を通して、椅子やインテリアの歴史に親しんでいただけたら幸いです。
One to Sixteen

キット / 模型「005 Plywood chair / プライウッドチェア」

¥ 1,161 (税込)
10ポイント還元

ギフト対応

RELATED ITEMS

RANKING

POPULAR ARTISTS

RECOMMENDED