年末年始休業のお知らせ/年末年始の配送予定につきまして

置くだけでモダンな空間になる名作チェアの紙模型

原寸の16分の1のサイズで作って集める椅子とインテリアの紙模型プロジェクト「One to Sixteen」。世界の名作デザイナーズチェアを自分で組み立てて楽しむ、手のひらサイズの紙の工作キットです。福永紙工と家具・空間デザイナーの安積朋子とのコラボレーションで生まれました。

アルバー・アアルトよって1932年に制作された「パイミオチェア」は、成形合板、カバ材で作られた結核療養所用の椅子です。細部まで精巧に作られており、一見紙とは思えないほど! お部屋のオブジェ、ジオラマとしてお楽しみ下さい。

{alt} アルバー・アアルトが妻のアイノ・アアルトと共に、結核療養所の設計コンペで最優秀に選ばれたのは1928年のことでした。また、フィンランドのパイミオという街にその結核療養所が建つ1933年まで、この施設で使われる家具もアアルトがデザインをしていました。マルセル・ブロイヤーのパイプを使った椅子を使うことも検討されましたが、木製の椅子のほうが療養所の雰囲気にマッチして患者が触れたときの暖かみもあるとの判断でによりこの椅子採用されました。

この椅子は、患者が休むラウンジに置かれ、座った患者の呼吸が楽にできるよう座の角度が考慮されています。また、デザインの過程では多くの試作が作られ、その結果、フレーム部と、座と背が一体になった部品の両方がカバ材となり、座った時のやわらかさが生まれました。1935年にアアルト自身が設立に参加した家具会社アルテックでの製造が開始され、今なお生産が続いています。

One to Sixteenの公式サイトでは、眺めるだけでなく作った後も楽しめるよう、インテリアや小物のフリーダウンロードサービスも行っています。

■One to Sixteen
フラットな印刷物を切り取り折り曲げると、そこに立体が生まれて周りに小さな空間が立ち上がる。 そんな紙で作るジオラマの楽しみを、椅子とそれが生まれた背景のインテリアを通してお届けするのが1:16 ミニ・ミュージアムの使命です。本物の椅子を手に入れるのが難しくても、この小さな模型と部屋の一画の再現を通して、椅子やインテリアの歴史に親しんでいただけたら幸いです。
One to Sixteen
カテゴリ
カメラ・トイ・ガジェット
ジャンル
キット    模型
出荷目安
決済完了から土日祝日を除く、2営業日以内に出荷

RELATED ITEMS

ALSO BOUGHT

RANKING

POPULAR BRANDS

RECOMMENDED