神秘的な結晶の世界をDIYで 「結晶育成キット」

アーティスト小林健二をご存知でしょうか? 1980年代頃から天文や科学、神秘性をテーマにした絵画、立体、インスタレーション、映像、音楽に至るまで幅広い創作活動を行い、その自由な精神の在り方で稀有な表現者として存在し続けています。幼い頃から絵や工作に夢中で興じる日々を送ってきたという小林健二ですが、そんな彼だからこそ考案できた神秘的な科学キットを今回、CINRA.STOREにて取り扱いを始めました。「結晶育成キット」は、美しい結晶体を自らの手で作り上げるというもの。作れる結晶の種類が違う全6タイプを揃えました。

結晶育成キット

薔薇(バラ)結晶育成キット

薔薇(バラ)結晶育成キット

小林健二(銀河通信社)
¥2,916
紫結晶育成キット

紫結晶育成キット

小林健二(銀河通信社)
¥4,104¥2,052
透明結晶育成キット

透明結晶育成キット

小林健二(銀河通信社)
¥2,700¥1,890
硝子結晶育成キット

硝子結晶育成キット

小林健二(銀河通信社)
¥2,725¥1,363
赤色結晶育成キット

赤色結晶育成キット

小林健二(銀河通信社)
¥3,024¥2,117
湖水晶育成キット

湖水晶育成キット

小林健二(銀河通信社)
¥2,700¥1,350

作り方
「透明結晶育成キット」を例に、実際につくってみました!

1. まずは材料の確認から。キット内容は「育成容器」と呼ばれる円柱型のタッパー、透明結晶の素(白い粉)、母岩となる石、ポリエチレン手袋、撹拌用プラスチックスプーン、結晶透明化液、そして味のある手描きの説明書が入っています。こちらで用意するものは保温用のタオルとお湯だけです。

銀河通信社

2. 育成容器内に「透明結晶の素」をお湯で溶かし、撹拌します。なかなか溶けないので、根気よくかき混ぜましょう。

3. 母岩を底へ沈めます。

銀河通信社

4. 容器全体をタオルで包み、保温しながら一日置きます。(写真では容器の上部が出てきますが、上にもタオルをかぶせます)

銀河通信社

5. 翌日、母岩の上や底にさっそく結晶が出現しました。

銀河通信社

6. タオルとタッパーのフタを外し、換気の良い日陰へ置いて数日後……。小さいトゲのような結晶でびっしりになりました。

銀河通信社銀河通信社

7. 母岩以外にできた結晶は一旦取り除きます。トゲは思ったより痛いので、取る際はケガに気をつけてくださいね。

銀河通信社

8. そのまま1-2週間程置くと、どんどん成長するのでお好みの大きさで取り出して下さい。よく溶液をティッシュで拭き取り、乾燥させて完成です。透明感を出したい時には「結晶透明化液」を筆で塗ってください。

銀河通信社
※完成例(長い物で8cmあります)

そもそも結晶とは、原子や分子やイオンなどが規則正しく並んで積み上げられた物質のことを呼びます。そうして作られる結晶の形は、温度や環境、さまざまな影響によって変化していきます。秋冬はとくに綺麗な結晶ができやすいそうなので、いろいろな季節で試してみてはいかがでしょうか? とても簡単な手順で出来るので、大人だけでなく、お子様の自由研究としてもお楽しみください。

科学キットについてのご質問はこちらまで。

BRAND INFORMATION

小林健二

小林健二

1957年東京都港区新橋に生まれる。絵画、立体、インスタレーション、映像、音楽などジャンルにとらわれない自由な表現と、その根底に流れる一貫したメッセージを持つ活動を続ける。子どもの頃から天文や科学、創作すること、そして神秘なものへの好奇心と興味は深く、模型工作に熱中する日々を送ってきた。作品発表をするようになって以来、その結晶のように現出した表現世界は、神秘的なテーマ、太古の夢、そして人類の未来へと時間軸を自在に往来し、目に見えない世界やこころの奥に潜む風景への郷愁がまるで蘇るようだ。'90年代より少年工作や科学模型などの製作、研究を通じて人間と天然現象との交通を試みる活動も行っている。主な著書に作品集「AION」(用美社)、「ぼくらの鉱石ラジオ」(筑摩書房)、銀水色版「みづいろ」「PROXIMA」(銀河通信社)などがある。

OTHER FEATURES