もの作りはかくあるべし! カラスは真っ白×植草航(アニメーション作家)の相思相愛MV制作秘話

ウィスパーボイスやかわいらしい声を使っているので、「浮遊感のある歌vsバキバキのリズム」って思われがちなんですけど、実はヤギヌマちゃんの歌にはリズムがかなり出ていて。(シミズ)

— 作詞作曲をされるヤギヌマさん的には、植草さんが言った箱庭感や孤独感は意識しているんですか?

ヤギヌマ:曲を作るときは、絶対ひとりで、自分の部屋で作るので、それが意識しなくても出てしまったものなのかなと思うと、ちょっと怖いです(笑)。

“acrowiswhite”

植草:でもカラスは真っ白の音楽って、聴いた後は明るい気持ちになれたり、暗いことを肯定できるような雰囲気をすごく感じていて。どんどん暗いことを考えちゃってるんだけど、最終的にはそれが自分の原動力みたいなものになったらいいなっていうのは、個人的にも前から抱いているテーマなんですよ。だから “fake!fake!”も、そういったテーマで作れるんじゃないかと思ったんですよね。

— “fake!fake!”の歌詞で引っかかった部分とか、映像を作るうえで意識した部分はありました?

植草:歌詞ももちろんですがリズムを意識しましたね。曲全体におけるキーポイントみたいな箇所もいくつかあって、シミズさんからは「3・2・1」のところのインパクトを強くしたいという要望をもらったり、僕は<ねじを巻いてよ>っていうフレーズがかっこいいなと思って、そこに「ガン!」っていうインパクトを持ってこようと思いました。

シミズ:自分たちもリズムはすごく重要視しているので、そういう意味でも相性が良かったと思うんです。カラスは真っ白の音楽は、ヤギヌマちゃんの歌自体にもリズムが強い面がかなりあるんですよね。ウィスパーボイスやかわいらしい声を使っているので、「浮遊感のある歌vsバキバキのリズム」って思われがちなんですけど、実はヤギヌマちゃんの歌にはリズムがかなり出ていて。

“acrowiswhite”

— 歌詞も韻を踏んでいる部分が多くてリズム感がありますよね。

シミズ:そうなんですよね。彼女は歌詞がないと絶対に歌えないと言っていて。練習でもラララでは絶対に歌ってくれないんですよ。それで練習が進まないことも多くて(笑)。

ヤギヌマ:うん。歌詞がないと歌えない。

バンドとして提示したいものをひとつだけ挙げるなら、「音楽は楽しいよ」っていうくらい。それ以外は自由に受け取ってもらえればという感じなので。(シミズ)

— MVのストーリーとしては、どういう内容なんですか?

植草:夢のなかで遊びすぎて、自分がパンダになっちゃって、それから逃げ出すみたいな話なんですけど、自分のなかのものにまみれていく感じがところどころにあって。<どくりんごのあじ みぎてとおなじ>っていうところとか。歌詞は孤独っぽいのに、<眠れるまで 手を握ってよ>って言ってるのは誰なんだろう? もしかしたら自分自身なんじゃないか? みたいなことを思ったりして。

“acrowiswhite”

— いろんな解釈ができますよね。

植草:そうなんです。いろんな人がいろんな解釈をすることに意味があるんじゃないかと思います。だからリスナーが、このMVのイメージや解釈に引っ張られちゃうのはもったいないなと思ったし、MVで解釈を付けていってしまうことで、曲の良さを損ねちゃうんじゃないかと思うところがあったりして、けっこう悩みましたね。

— 歌詞の意味をヤギヌマさんに直接確認したりはしなかったんですか?

植草:しなかったですね。

シミズ:そのほうが正しい気がします。ヤギヌマちゃんも正確な意味を伝えられないだろうし。

ヤギヌマ:感覚的な人間なんです。

シミズ:それに、植草さんが受け取った植草さん自身の解釈がいちばんの正解なんじゃないかなって。それは植草さんだけが正解というわけじゃなくて、個々人に正解があるというか。バンドとして提示したいものをひとつだけ挙げるなら、「音楽は楽しいよ」っていうくらい。それ以外は自由に受け取ってもらえればという感じなので。

いい子にしてほしいの?(ヤギヌマ)

— MVに出てくる4体のキャラクターは、カラスは真っ白の4人っていうことですよね。そのなかでもヤギヌマさんが主人公的な感じで登場しますけど、植草さんのなかのヤギヌマさんのイメージはどんな感じだったんですか?

シミズ:それ聞きたい!

植草:素朴な方っていうイメージはあって。根本にあるのはすごく純粋っていうか、家庭的な感じがするんです。なんていうんですかね、中は白くて、外は黒いみたいな。中身はすごく純粋なんだけど、まわりでコーティングしているものがハードなものだったりとか(笑)。そういうイメージだったので、できるだけ純粋な感じには描きたいなと思ってました。

— 植草さんが感じた外側の黒さ、ハードさって、さきほどの「少女性と毒」の話に通じるものがあるのかもしれませんね。内側の純粋な部分っていうのは、ヤギヌマさんご自身はどう考えているんですか?

ヤギヌマ:うーん……。女の子は純粋であるほうがかわいいと思います。たぶん、純粋な白の上に、黒でコーティングして、さらにその上に白をちょっとかけたくらいの感じなのかなって。

“acrowiswhite”

— なるほどー(笑)。僕らからはなかなか伺いしれない部分があるとは思うんですけど、ボーカリストとしてのヤギヌマさんと、素のヤギヌマさんは、違う性格だったりするんですか?

ヤギヌマ:違うの?

シミズ:いまはステージの上でも、かなり素のヤギヌマちゃんだと思います。昔はキャラをお互いに作っていたんですけど、自分たちが嫌になっちゃったんですよね。

ヤギヌマ:飽きちゃった。

シミズ:いまは自分たちの素も見せながら、ショー感を出せればと思っていて。なので、現状はヤギヌマちゃんに裏表はあんまり感じてないですね。なんか腹立つところも、ちゃんとステージに出てる(笑)。

ヤギヌマ:生意気でね、わがままでね。

シミズ:でもそういった部分も、ボーカリストとしては正解だと僕は思っているので。

ヤギヌマ:もうちょっといい子にしなさいって?

シミズ:ははは(笑)。

ヤギヌマ:いい子にしてほしいの?

シミズ:いや、そのままで大丈夫です(笑)。

— いい子にしたら、つまらない音楽になっちゃうかもしれないですからね。

シミズ:そうです。いい子じゃないほうが僕はいいと思います。

ヤギヌマ:わかった。

BRAND INFORMATION

カラスは真っ白

カラスは真っ白

2010年ヤギヌマカナ(Vo.Gt.) シミズコウヘイ(Gt.MC.) ヨシヤマ“グルービー”ジュン(Ba.) タイヘイ(Ds.)により結成。ヤギヌマカナ(Vo.Gt)のウィスパーボイスが奏でる シュールな世界観と、楽器隊のタイトでグルービーなファンキーサウンドの融合によるオリジナリティ溢れる楽曲が詰まった2012年1stミニアルバム『すぺくたくるごっこ』2013年1stアルバム『かいじゅうばくはつごっこ』は、共にロングセラーを続けている。結成以来、徹底的に追及を続けるライブショーは全国各地のオーディエンスを魅了し、様々なバンドとの対バン、イベント出演を重ね、RADIO CRAZY2013などフェ ス出演も果たし、2014年活動の幅が、その音楽性と共にさらに広がりを見せる中、待望の新作となる2ndミニアルバム『おんそくメリーゴーランド』が6/4にリリース。ロックアプローチによるあらたなサウンドアクションや、モンスターリリシストぶりを遺憾なく発揮したヤギヌマカナの歌詞、前作同様エレピやホーン導入によるきらびやかでゴージャスなサウンドなどをスタイリッシュに展開し話題沸騰中。カラスは真っ白にしか出せない、そのポップセンスの加速は止む事を知らない。気鋭の若手アニメーションクリエーター植草航が手掛けたリード曲「fake!fake!」のMVも各動画サイト上で大反響呼んでいる。
植草航(うえくさ わたる)

植草航(うえくさ わたる)

千葉県出身。2011年東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻を修了。デルクール社発行バンドデシネ「シヤージュクロニクル外伝」に短編マンガ掲載、sasakure.UK 3rdアルバム「トンデモ未来空奏図」初回特典漫画制作、第40回「日本賞」ポスターイラスト制作、NHK Eテレ「テクネ 映像の教室」番組内コーナーにて映像作品「愛と死」を制作ほか活動歴多数。 大学院修了制作「やさしいマーチ」が第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞受賞。現在はフリーランスのアニメーション作家、イラストレーターとして活動中。

OTHER FEATURES