石橋英子インタビュー「世界を決定づける音」

>あるときはシンガーソングライター、またあるときはマルチプレイヤー、プロデューサーとして、周囲を魅了し続けている石橋英子が、前作の『Imitation of life』からわずか4か月で、全編インストゥルメンタルのピアノソロ作品を発表した。一瞬一瞬が美しく、彼女が敬愛する映画に通ずる風景を想起させる世界観は、聴き手を選ばない懐の深さをもっている。

「自分の愛する人や好きな人のために、祈るってことでしか曲は作れない」と話す彼女だが、自身の内面にしっかり対峙し、輝きを磨いていくことで、彼女の音楽はできあがっていく。そういう風に、身辺をとことん見つめることの積み重ねによって感受性が磨かれているから、ライブなど生の現場で生まれる気配や反応を大切にすることができるのだろう。「生き物を扱うように音楽ができたら」と願う彼女に、有機的な音楽表現について語ってもらった。

インタビュー・テキスト:野村由芽 撮影:柏井万作(2012/12/4)

ひとつの音を出して、その音に決めるっていうのは、世界を決定づけることに近いと思う。

— これまで石橋さんはいろいろな楽器を使って曲や世界観を作っていましたが、今回はどういった経緯でピアノのソロアルバムを出すことにしたのでしょうか?

石橋:前作の『Imitation of life』はバンドで録音したのですが、バンドでできることと1人でできることがすごくはっきり分かれていたので、並行して1人のライブもやっていて。それで曲がたまってきたから出そうか? みたいな感じで(笑)。

石橋英子
石橋英子

— 石橋さんはドラムをはじめいろいろな楽器を演奏すると思うんですけど、曲作りはピアノですることが多いのですか?

石橋:そうですね。基本的に曲を作るときはキーボードから始めることが多いかもしれないですね。

— 作りたい楽曲のイメージに近い楽器を最初に選んでいる?

石橋:いえ、最初に何かイメージがあるわけではないんです。単純にキーボードは、触りやすいのが理由かもしれないですね。押したら、音が出るし(笑)。でも、やっぱりギターで作り始めた曲と、ドラムで作り始めた曲と、キーボードで作り始めた曲は、全然違いますね。

— 以前石橋さんは、「ピアノと歌だけでも成り立つような、強い気持ちになれるものを作りたい」と仰っていましたが、今回はさらに歌もなくしてピアノだけになりましたね。それは自信の表れでしょうか?

石橋:自信というよりは、3作目のときにピアノと向き合って、そのときにピアノからとばっちりを受けまして……(笑)。

— とばっちりですか?(笑)

石橋:自分が弾いた音に対して、ピアノが文句を言ってくるような感じですね。「寒っ!!」みたいな(笑)。なんて言うんだろう……、答えを出したらダメみたいな感じ。作る側としては答えを出す方が簡潔だし、簡単なんですけど、そういうものをやろうとするとピアノが「ダメ!」って言う(笑)。

— じゃあ、簡単には曲をまとめられなかったわけですか?

石橋:千本ノックみたいなことをした末に、ピアノから「まぁいいでしょう」って感じで、曲作りが終わります(笑)。ピアノから教えられた経験に鍛えられて、ライブをやっててもピアノを弾くというよりは、ピアノに弾かされている感覚になることが多くて。特にグランドピアノや生のピアノの場合、そのピアノの響きで自分の弾くことが変わってくることもあるんです。それで今回こういうアルバムができたってことは、あるかもしれない。

— 弾かされてる感覚って、具体的にはどういう感じでしょう?

石橋:例えば、自分がこの音とこの音を弾いたとして、でも私に聴こえてくる音はその音だけじゃないんです。自分が次にどの音を弾くかわからないところで、響きから教えられるっていうか。今も、ここで(パンと手を叩く音)手をならしたときに、手をならした音だけじゃない響きとかが聴こえると、それに自分が導かれて曲ができていく。そういう感覚ですね。

— 予感などという抽象的なものではなくて、物理的に聴こえてくる淡い響きから、次の音が降りてくる感じなんですね。

石橋:そうですね。「降りてくる」みたいな、神懸かり的なものはもっていないので(笑)、もっと現実的。曲を作るときって、やっぱり何もないところから始まるじゃないですか。だからひとつの音を出して、その音に決めるっていうのは、世界を決定づけることと近いと思う。それは、手をくだすっていう感覚じゃなく、もっと楽器に教えてもらう感じなんです。

— 世界を決定づけるような、鍵盤というスイッチを自分で押すんだけども、そこから立ち上がってきた世界に、また教えられて……。

石橋:そう! だから、自分の意識と無意識の間をぬっていくようなことが、曲作りの感覚なんです。ここ最近は、そういうことに気が付きました。

— 以前「ピアノは怖い」っていうお話をうかがったんですけど、その感覚はまだありますか?

石橋:それはだんだん治ってきたというか、『carapace』のときが最高潮にその気持ちだったんですが、今はだんだん楽しくなってきましたね。無責任になったというか(笑)。

BRAND INFORMATION

石橋英子

石橋英子

茂原市出身の音楽家。いくつかのバンドで活動後、映画音楽の制作をきっかけとして数年前よりソロとしての作品を作り始める。その後、5枚のソロアルバムをリリース。ピアノをメインとしながらドラム、フルート、ヴィブラフォン等も演奏するマルチプレイヤー。シンガーソングライターであり、セッションプレイヤー、プロデューサーと、石橋英子の肩書きでジャンルやフィールドを越え、漂いながら活動中。最近では七尾旅人、Phew、タテタカコ、長谷川健一、前野健太、トンチの作品に参加。また、ソロライブと共に、バンド「石橋英子withもう死んだ人たち(ジム・オルーク、須藤俊明、山本達久、波多野敦子)」としても活発にライブを行う。

OTHER FEATURES