夏季休業のお知らせ

私たちは空を飛べないからこそ歩ける、チーナが見つけた真のHAPPY

最初は「オーケストラのサウンドを活かした音楽をやってるバンド」とか言ってもらっても、「うるせーな、ロックがやりたいんだ!」って思っていたんです。(椎名)

— チーナはオーケストラルポップと形容されることも多いですけど、どういう音楽を目指しているんですか?

椎名:それはどんどん変わってきていて。最初は「オーケストラのサウンドを活かした音楽」とか言ってもらっても、「うるせーな、ロックがやりたいんだ!」って思っていたんです。

— そうだったんですね(笑)。

椎名:ロックのことなんてなにも知らないくせに(笑)。でも、自分たちは弦楽器のバンドだよなっていうことを自覚し始めたのが前作の『GRANVILLE』というアルバムだったんです。今回の『DOCCI』はそれをもっと進化させて、今まで苦手だったこととかできなかったことにも挑戦したいなと思って作りました。

リーダー:『GRANVILLE』を作ったことで、バンドのカラーみたいなものが見えてきたんですよね。そのときに「和製Arcade Fire」と周りから言ってもらったりして、そこから次に向かうときに、そのベーシックありきで新しい展開を出したかったというか。

チーナ

林:『GRANVILLE』を作り始めた頃から、お客さんがチーナのライブにハッピーなものを求めていて、私たちも自然と楽しいライブを意識しながらやってきたんです。ただ今回は、「このままハッピーなだけで突き進むのはどうなのかな?」「これからチーナの音楽はどっちにいくんだろう?」っていう想いで曲を作り始めて、それが『DOCCI』というタイトルにもつながっているんです。

椎名:他のバンドさんを見ていると、スタイルを確立していく人たちが多い気がして。アップテンポでコール&レスポンスをするバンドは、ずっとそういうスタイルを武器としてやっていってるし、暗いような曲でお客さんを掴んだバンドはそういう方向性の曲を多めにやっていくし……チーナはどうするべきなのか悩んだんです。お客さんが求めるのは楽しくて、みんなで歌えるようなものなんだろうなっていうのは、なんとなく見えていたんですけど、素直にそうはできなかったんですよね。

— 今回は「わかりやすいオーケストラ感」みたいなものは、ちょっと減った感じがするんですけど、それは意識的なものだったんですか?

椎名:今まではバイオリンとボーカルがツートップみたいな気持ちがあったんですけど、今回は「バイオリンいらない」って言った曲は増えた気がしますね。柴も自分で「ここは私いらない」と言ったりしてたし。

チーナ

リーダー:“テレビドラマ”は結構素直なJ-POPで、バラードだから、弦が前に出る曲にしたいっていうのはあったんですけど、他ではギターが目立っている曲もありますし、そういう意味ではオーケストラ感っていうのは前よりも減っているかもしれないです。

— あえてオーケストラ感を出さないでも、自然と「らしさ」が出るという意識もあったのかなと思ったんです。

林:そうですね。『GRANVILLE』のときは、やっぱりチーナの個性はアルコ(弓)だからバイオリンを活かそうとか、チーナっぽくするためにはという意識が楽器の使い方にも出ていたと思うんです。でも最近は、どうすれば曲全体の魅力を引き出せるかっていう方に重点を置いていますね。

正直なところ、これまで通りのチーナの方向性ではなく、いろんな試行錯誤をしてみたのは、「もしかして僕が足引っ張ってるせいかも?」と思って、眠れなくなっちゃったときもありました。(HAPPY)

— 前作からの変化という意味では、ずっとファンとして聴いていたHAPPYさん的にはどうなんですか?

HAPPY:正直なところ、これまで通りのチーナの方向性でアルバムを作るのではなく、いろんな試行錯誤をしてみたのは、「もしかして僕が足引っ張ってるせいかも?」と思って、眠れなくなっちゃったときもありました。

椎名:そうだったんだ!?

HAPPY:上手い人はもっとたくさんいたと聞いていたし、そういう人がチーナに入っていたら……っていうのを思っちゃったんです。でも、楽しさとか、「やっぱりチーナの曲が好きだ」っていう気持ちをベースに叩いてたんですけど……どうですかね、いい方向に出てますかね?

— 出てると思いますよ(笑)。

HAPPY:チーナが好きだっていう気持ちは人一倍あると思うんですけど、それこそ曲作りとか楽器の音のバランスとかの話になると、「お母さんのご飯はジャスティス」みたいな感じで。

チーナ

— たとえがよくわかんないです(笑)。

HAPPY:僕は、メンバーのみなさんの提案を再現することを楽しんじゃう、っていうのが真っ先にあるんです。年下で、しかもあとから入ったし、どうしても弟みたいな感じになっちゃって、ひたすらみなさんの意見を拝聴してて、申し訳ないというか。

椎名:でも、意外に要のところで私はHAPPYに意見を聞いたりしてて。もともとリスナーとして聴いてくれてたっていうのもあるから、なにか不安になったときには「このまま進んで大丈夫かな?」とか聞いてましたね。それでHAPPYが「今までのチーナにはなかった曲でいいと思います」みたいに言ってくれて、「そっか、そうだよな」って思えました。

— 意外と重要な役割を果たしているんですね。

椎名:今まではAメロBメロがきて、サビで一番盛り上がって、というのがセオリーで、それが一番いいと思っていたんですけど、HAPPYが「僕はずっとテンションが変わらない音楽も好きなので」みたいなことを言ったときがあって。私たちは、なんとなくセオリーに入ってしまっていたんですよね。HAPPYはお客さんに聴かせるっていうこと以前に、本当に楽しむために音楽をやっている印象もあって。やっぱりフレッシュだし、HAPPYが入ったことで刺激にもなってますね。

BRAND INFORMATION

チーナ

チーナ

ピアノヴォーカル、ヴァイオリン、コントラバス、ギター兼マイクロコルグ、ドラムの5人から成る独特の個性を放つグループ。ポップス/クラシック/ロック/オーガニックといった要素を自由に操りオーケストラルな音が印象的で唯一無二の境地に達している。アコースティックな楽器編成だが枠にとらわれずダイナミックなサウンドから繊細な表現まで多様な演奏を得意とし、変幻自在かつ緻密な音楽性で独特な視点で捉えた歌詞やメロディーが特徴。ライブパフォーマンスもパワフルでハッピーでポップな「チーナ」の音楽世界を表現している。2012年7月に発売されたアルバム『GRANVILLE』に収録されている“アンドロイド”が、映画『まだ、人間』の主題歌に抜擢され、注目を集める。2013年5月にはmouse on the keys、きのこ帝国等とカナダツアーを行いチケットはソールドアウト。

OTHER FEATURES