GW期間休業のお知らせ

当たり前の日常が物語 かみぬまゆうたろうインタビュー

注目の若手シンガーソングライター現れる。どうして彼の歌は、心にひっかかる?

インタビュー・テキスト:渡辺裕也 撮影:柏井万作(2014/2/12)

しんどい失恋も、ちょっと視点を変えればやたらと笑える話になったり、他愛のない出来事のなかに、思わずうるっとくるような場面が潜んでいたり。そうやって何気ない日常から胸をくすぐるような場面を切り取るのが、かみぬまゆうたろうというシンガーソングライターはとにかくうまいのだ。たとえば、想いを寄せる女の子のあとをつけてみたら、絶対に見てはいけない場面に遭遇してしまい、その一部始終を歌にした”シルエット”。この曲、歌われている内容を追っていくとけっこう悲惨な話なんだけど、それが牧歌的なカントリータッチで歌われているもんだから、どうにもクスッと笑えてきてしまうのだ。

その”シルエット”を筆頭に、デビュー作『かみぬまゆうたろう』には、この古いマーティンを手にした語り部の瑞々しい才能がぎゅっと詰め込まれている。そこで今回はアルバムの完成を機に、かみぬまのここまでの歩みを本人の発言から紐解いてみたいと思う。竹原ピストルや、このアルバムにもゲストで参加しているギターパンダをはじめ、多くの先輩ミュージシャンたちが賛辞を贈る若きストーリーテラーは、とにかく血気盛んで負けず嫌いだった。

大きなことを歌ってもしょうがないし、それより自分はもっと身近なことを歌いたい。

— かみぬまさんの曲って、とにかく歌詞が面白いんですよね。あの歌詞ってどこまでが実話なんですか?

かみぬま:(笑)。だいたい8割くらいは実話ですかね。

“かみぬまゆうたろう”
かみぬまゆうたろう

— ”シルエット”も?

かみぬま:あの曲は、当時好きだった女の子が住んでいる街の風景を断片的に切り取って、そこにフィクションを少し絡めたような感じですね。

— なるほど。いや、あの曲が完全な実話だとしたらかなりつらい出来事だなと(笑)。でも、やっぱり本人の実体験がモチーフにはなってるんですね。

かみぬま:そうなんです(笑)。むしろ、曲を作る人ってみんなそうやってるんじゃないかなと思ってました。それこそ”シルエット”なんかはすごく初期に作った曲なんですよ。

— シンガーソングライターはみんな自分のことを歌にしているものだと。特定の誰かに感化されてそうするようになったわけじゃないんですね。

かみぬま:はい。そういうのも特にはなかったんです。大きなことを歌ってもしょうがないし、それより自分はもっと身近なことを歌いたいなと。それで自ずと今のような感じになりました。

とにかく人前で歌いたかったんだと思います。

— なるほど。では、いつ頃からかみぬまさんはギターを手にして歌うようになったんですか?

かみぬま:弾き語りを人前でやるようになったのは今からだいたい5年前くらいです。ただ、中学生の頃からギターの練習はしてて。で、高校に入って友達と3人でバンドを組んだんですけど、一緒にやってた友達2人が浪人しちゃって。で、僕は進学せずにフリーターになったので。

— フリーターを選んだのはなにか理由が?

かみぬま:いや、特には(笑)。ただ、別に大学に行く必要はないかなと思って。で、そこでしばらくバンドはできないということになっちゃって、2人に「もう俺1人でやるわ」と言っちゃったんです。弾き語りを始めたのはそれからですね。

“かみぬまゆうたろう”

— 元々はバンドでやりたかったんですね。

かみぬま:元々はそうでした。でも、今はそうでもないんですよね。やっぱりあれは友達同士で始めたっていうのも大きかったし、こうして1人でやっちゃうようになったら、いつの間にか1人の方が身軽になったというか。

— 1人で始めてすぐにそう思えたんですか?

かみぬま:いや、最初の頃はまったく違いました(笑)。とにかく難しかった。ライブでもすごく緊張しちゃうし、それで酒を飲み過ぎちゃってぜんぜん弾けなかったりするようなことも多々あったんです。とにかく最初は演奏面が大変でした。歌もギターも、ステージに立つとまったくうまくいかなくて。家ではちゃんと弾けたはずなのに。

— もともと人前で歌いたいという気持ちが強い方だったんですか? それとも曲を書きたいっていうところから始まったのかな。

かみぬま:そうだなぁ。とにかく人前で歌いたかったんだと思います。もちろん、作品を残してみたいっていう気持ちもなくはなかったけど、1人で歌い始めた頃はとにかく何も知らなかったから、とりあえずライブをやってみなきゃと思って。まずはステージでチャレンジしてみようと。

BRAND INFORMATION

かみぬまゆうたろう

かみぬまゆうたろう

1988年2月23日生まれのB型。酒と音楽と古いギターが好きな25歳。愛用ギターは1923年製MartinO-18。青春や恋愛のワンシーンを切り取りありのままに歌う詩世界、それを彩る情景的な曲とメロディ、聴き手に響く歌をフォーキーにスインギンに日々弾き語る。2014年2月ファーストアルバム「かみぬまゆうたろう」を遂に発表。

OTHER FEATURES