見えないけど大事なもの くうきにみつる(空気公団×倉本美津留)インタビュー

(倉本と山崎の)二人は、言葉を自在に駆使していろんなことができるけど、実は言葉をそんなに信用してない部分もあって、言葉を並べたその先にある、見えないものを印象付けようとしている。(窪田)

— アルバムの制作はいつ頃から始まったのでしょう?

窪田:実は2年前ぐらいから始まってて、一番最初は2曲目の“いっぱい”っていう倉本さんの曲を一緒にやったらどうなるんだろうっていうのを、どういった形でリリースするとかあんまり考えないままやってみました。

いっぱいを試聴する

倉本:1回実験的に、「楽しかったらいいよね」みたいな感じでやったんですけど、「これはすごくいいぞ」って、手応えがあったんです。“いっぱい”はすごく昔に作った曲なんですけど、自分の中でアレンジにちゃんと答えが出せてない感じがあって。それを彼らに放り投げてみたら、自分の理想ととても近いかたちで返ってきて、「これは相性いい!」って、思ったんですよね。

— 山崎さんは倉本さんと一緒にやるにあたって、どんなことを考えていらっしゃいましたか?

山崎:そうですね……。(しばらく考えて)どんなことを考えて作品を作ったのか、私はそんなに言いたいことがないんですよね。作品を作ってるときはものすごく人に言いたいんですけど、作ってしまったらもうそこに閉じ込められちゃってて、何て言ったらいいかわかんなくなっちゃって……

くうきにみつる

倉本:ふふふ。じゃあ、僕がしゃべってる間に何か考えといて(笑)。僕としてはね、彼らと50・50でやる、全部共同で共有して作るっていうことを決めたのが大事やったと思います。普段は自分一人で作って歌ってるから、誰とも相談しないわけですよ。自分に対して恥ずかしくなかったら、それでいいってことになるから、すごく濃いものにはなると思うのね。ところが、空気公団とやるってなれば、彼らをびっくりさせたいなとか、にっこり顔にしたいなとか、そんなことを思い浮かべたりしながら、言葉やメロディーを選んだりする。そういうことがすごく大事だった気がします。

— そこは一人で作るのと大きく違いますね。

倉本:空気公団にとっても、異物がこんなに濃く入ったのは初めてやと思うから、いい意味での緊張感は絶対生まれてると思うんですね。その変化によって、もしかしたら山崎ゆかりが今まで作ってなかった曲が作れてるかもしれへんし、作ってる最中はお互いいろいろ考えたと思います。でも、ホントにできあがってしまったらね、そこに封じ込められてるから……あっ、俺もあんまりしゃべらへん方がよかったかな?(笑)

くうきにみつる

— いや、どんどんしゃべっていただきたいです(笑)。でも確かに、空気公団はこれまでコラボレート自体はいろいろやられてますけど、ユニットとして共同制作をするっていうのはなかったですよね。

窪田:初めてですね。

倉本:よく思い切ったよね。

山崎:でも、流れとしてはすごく合ってたかもしれないです。前作(『夜はそのまなざしの先に流れる』)は特殊な録音の仕方で作ったので、ちょっと枠を越えてしまっていて、その後に新しい何かが始まるっていう感じだったのかもしれない(前作に関しての詳しい話はコチラにて)。空気公団って、私はちょっと喫茶店みたいに思ってるんですね。店の中のものってあんまり変わらなくて、メニューも変わらないんだけど、でも志はいつも前に前にという感じで。

— じゃあ、そのお店にお客さんとして異物が入ってきたということかもしれないですね。

山崎:でも、倉本さんが異物っていう感じは全然ないんですよ。わりと同じ部分があるというか、重なってる部分が多い感じがして、それはすごく芯の部分だったりするんですよね。音楽の聴かせ方とか、自分の中の音楽のポジション、そういう部分のような気もする。

窪田:(倉本と山崎の)二人とも、まずものすごい「言葉の人」なんですよね。言葉を自在に駆使していろんなことができるけど、実は言葉をそんなに信用してない部分もあって、言葉を並べたその先にある、見えないものを印象付けようとしている。そういうところがすごく近いと思ったんですね。だから、倉本さんの曲をいただいても、歌詞の世界にも違和感や異物感とかは全然なくて、すごく素直にできたなって思うんです。


もともと音楽って顔がないのに、歌詞で全部説明してしまうと、一つのストーリーしか描けないですよね。(山崎)

— さきほど「見えないものを印象付ける」という話がありましたが、資料にも「双方の伝えたい共通点は、見えない部分にあった」とありますし、「見えないけど大事なもの」っていうのは、本作のひとつのテーマになっていると言えますよね。

倉本:目に見えないもののことをすごく思わなあかんタイミングなんですよ。僕個人にとっても、たぶん世界にとっても。見えないものを大事にするって、すごく不思議なことなんですけど、でもその不思議なことを、当たり前のようにできてるって、そういう時代になるときなんちゃうかなっていうのがあって。1曲目の“6”はそれをそのまま歌ってるんですけど。

6を試聴する

— <いや見えないだけ ないんじゃないんだ 心も見えないだろ>とか、まさにそうですね。

倉本:この曲はくうきにみつるをスタートさせようってなってからできた曲なんですけど、実はどこで発表するかとかは何も考えてなかったんです。で、最初のリハーサルのときに「最近できた曲、歌ってみていい?」って、アコギで歌ったんです。そうしたら、当たり前のようにゆかりちゃんがメロディーを口ずさみ始めて、「そうか」と思って。この曲で言いたかったことっていうのは、空気公団とやるべきことやったんやなって。わかりやす過ぎるっていうきらいもあるかもしれへんけど、テーマソングみたいな感じやと思うんです。

くうきにみつる

— 「見えないけど大事なもの」って、僕の解釈で言うと、間にあるものだと思ったんですね。何でもすぐ2つに分けてしまいがちだけど、その間っていうのが確実に存在していて、感情だったら、嬉しいと悲しいの間、音だったら、ドとレの音符の間がある。見えないけど、そこが大事なんじゃないかっていう。

倉本:いいですねえ。そういう風に、人が勝手に色々考えてくれるのって嬉しいなあ。

— もうちょっと言うと、“6”の歌い出しは<七色見える僕らの瞳 ほんとはもっと色々あるんだ>じゃないですか? つまり、この“6”っていうタイトルは、七色の間っていうことで、「ドレミファソラシド」を意味する『はにほへといろは』がタイトルだから、七音音階の間っていう意味でもあるのかなって思ったんです。

倉本:なるほど! そういう風に自由に解釈してもらえると、「自分たちの曲はそんな意味やったんや」って気づかせてもらえて面白いですね。作った僕とは全然違う解釈で「いい」と思ってくれてるっていうのが、すごく感動的です。

— じゃあ、“6”の意味の答え合わせはしない方がいいですかね?(笑)

倉本:しない方がいいなってすごい思った、今(笑)。

山崎:もともと音楽って顔がないのに、歌詞で全部説明してしまうと、一つのストーリーしか描けないですよね。だから、もうちょっといろんなストーリーが見えるように自由度を上げていくと、間がどんどんできてきて、みんな各々そこにストンストン落ちていくんですよね。そして、そこでみんなワイワイと遊んで楽しんでくれれば、それでいいと思っています。

くうきにみつる

— まさに、さっき僕は“6”の間に落ちて遊ばせてもらいました(笑)。

山崎:それでいいんですよ。そうすると、新しいものが見えてくるんです。

iPhone5ケース「グリンピースくん(黒)」

iPhone5ケース「グリンピースくん(黒)」

¥3,850

BRAND INFORMATION

くうきにみつる

くうきにみつる

音楽グループ『空気公団』と、放送作家、ミュージシャンとマルチに活動する『倉本美津留』による新しい取り組み。2013年11月に1stミニアルバム『はにほへといろは』をリリース。
倉本美津留(くらもと みつる)

倉本美津留(くらもと みつる)

ミュージシャン、放送作家。2008年、アルバム『躾』をビクターエンタテインメントよりリリース。「YOUに美津留」のユニットで『月』をNHKみんなのうたに発表。独自の言葉遊びと予測不可能なメロディー展開で、誰も見たことのない原液世界の表現に挑んでいる。また、放送作家として「ダウンタウンDX」Eテレのこども番組「シャキーン!」などを手がける。これまでの仕事に「ダウンタウンのごっつええ感じ」「M-1グランプリ」「伊東家の食卓」他。「一人ごっつ」では大仏として声の出演も。近著にことば絵本「明日のカルタ」(日本図書センター)
空気公団(くうきこうだん)

空気公団(くうきこうだん)

1997年結成。現在は山崎、戸川、窪田の3人で活動中。ささやかな日常語、アレンジを細やかにおりこんだ演奏、それらを重ねあわせた音源製作を中心に据えながらも、映像を大胆に取り入れたライヴや、様々な芸術家とのコラボレーションを軸にした展覧会等、枠にとらわれないアート志向の活動を独自の方法論で続けている。

OTHER FEATURES