見えないけど大事なもの くうきにみつる(空気公団×倉本美津留)インタビュー

じんわりすればいいんですよね。聴いてて、「なんか残る」っていう感じがあれば、それだけでいい気がしますけどね。(山崎)

— やなせたかしさんが作詞された“返事”という曲も入っていますが、その前に収録されている“とても不思議なおじいさん”が、まるで“アンパンマンのマーチ”と通じることを歌ってるように聴こえました。これもさっきの、間に落ちて遊んでるっていうことかもしれないですけど(笑)。

とても不思議なおじいさんを試聴する

倉本:何でゆかりちゃんがおじいさんの歌を作ったんやろうって、すごく不思議でした。

山崎:でも、私も何で作ったかもうわからないんですよ……

倉本:作ってるときに、「何でこここうなってんの?」とかは、全然確認し合わないんです。だから何でこんな歌を作ったんか知らんけど、べつにええんちゃうかなって。説明は聞かなくても、感じて出てきたもんでやったら、間違いにはならないんじゃないかって、最初からそういうプロジェクトですね。

くうきにみつる

山崎:じんわりすればいいんですよね。聴いてて、「なんか残る」という感じがあれば、それだけでいい気がしますけどね。

— 資料には「ファーストミニアルバム」とありますが、来年の2月にはライブも決まっていますし、今後も継続した活動をお考えですか?

山崎:もっと違うものも作ってみたいなって思います。今回は7曲でしたけど、次もまたちょうどいいサイズで、ちょうどいい時期に、「くうきにみつる聴きたいな」となったら、また作りたいと思います。

窪田:今回は「まず一緒に音を出してみよう」っていうところから始まって、お互いに面白さを感じながら作ったアルバムなので、次は、コンセプチュアルなことをやってみたら面白いだろうなと思います。

— 企画性やコンセプトの面白さっていうのも、両者の真骨頂だったりしますもんね。それも楽しみにしています。倉本さんは、1枚作り終えてどんなことを感じられましたか?

倉本:やったことがないことをするのって不安なんだけど、その不安を乗り越えることで、新しいものが生まれるっていうことを、人生の中で何度も経験させてもらってるんですけど、その最新の経験が『はにほへといろは』だと思ってます。「三人の期待に応えられるかな?」とか色々思った瞬間もあったけど、できる限りのことをやって、納得のいく作品をチームで完成できたっていうのは、自分の人生においてすごく大きなことだと思います。空気公団も僕が混ざったことで、お客さんに「なんで倉本美津留なんかとやったんや?」って思われる可能性もあるわけやん? 彼らにも覚悟を持ってやってもらったと思うし、「またやりたい」って言ってもらえるなんて、ホンマに……なかなかやるやん、俺って(笑)。

— (笑)。

倉本:いやホント、幸せやなって思いますよ。

くうきにみつる
iPhone5ケース「グリンピースくん(黒)」

iPhone5ケース「グリンピースくん(黒)」

¥3,850

BRAND INFORMATION

くうきにみつる

くうきにみつる

音楽グループ『空気公団』と、放送作家、ミュージシャンとマルチに活動する『倉本美津留』による新しい取り組み。2013年11月に1stミニアルバム『はにほへといろは』をリリース。
倉本美津留(くらもと みつる)

倉本美津留(くらもと みつる)

ミュージシャン、放送作家。2008年、アルバム『躾』をビクターエンタテインメントよりリリース。「YOUに美津留」のユニットで『月』をNHKみんなのうたに発表。独自の言葉遊びと予測不可能なメロディー展開で、誰も見たことのない原液世界の表現に挑んでいる。また、放送作家として「ダウンタウンDX」Eテレのこども番組「シャキーン!」などを手がける。これまでの仕事に「ダウンタウンのごっつええ感じ」「M-1グランプリ」「伊東家の食卓」他。「一人ごっつ」では大仏として声の出演も。近著にことば絵本「明日のカルタ」(日本図書センター)
空気公団(くうきこうだん)

空気公団(くうきこうだん)

1997年結成。現在は山崎、戸川、窪田の3人で活動中。ささやかな日常語、アレンジを細やかにおりこんだ演奏、それらを重ねあわせた音源製作を中心に据えながらも、映像を大胆に取り入れたライヴや、様々な芸術家とのコラボレーションを軸にした展覧会等、枠にとらわれないアート志向の活動を独自の方法論で続けている。

OTHER FEATURES