シャムキャッツ×サヌキナオヤ対談 何気ない日常を、故郷が美しかったことを、忘れないために

(浦安に)ロケハンに行って、ホントに何でもない普通の街だなって思ったもん。でも、だからこそいいんだろうなって。(サヌキ)

— 『TAKE CARE』にはイラストブックがついていて、これもすごく素敵ですね。

夏目:ディレクターから、「ミニアルバムならもう1つ要素が欲しいんだけど、サヌキくんの絵が素晴らしいから、何かできないかな?」って話があって、最初は漫画を描いてもらって、そこに歌詞を載せるっていうアイデアもあったんです。でも、絵の力って強いから、歌詞で歌われてることと絵がリンクし過ぎちゃうと、受け取ってくれた人の想像力がそこで止まっちゃう。なので、そこを上手く避けつつ、何かできないかなって考えて。

サヌキ:イラストブックの中には、「この場面は、この曲のこの歌詞」っていう具体性がある部分もあるので、それを探してもらうのも面白いと思います。

夏目:台詞はないんですけど、曲への導入っていうか、音が流れてない景色だけのものがフワーッて入ってきてから、CDが流れるっていうコンセプトになってるんです。

— 今回の絵も浦安がモチーフになってるわけですよね?

夏目:そうですね。ただ、もともと地元を舞台にするっていうのはちょっと怖いところもあったんですよ。個人的になり過ぎるんじゃないかって。でも、郊外で、団地で、海沿いの場所って、結構いろんなところにあるんですよね。ツアーで車を走らせていると似た景色が日本中にあって、僕らとしては浦安を書いてるけど、リンクする人が多いんじゃないかなって。

サヌキ:ロケハンに行って、ホントに何でもない普通の街だなって思ったもん。でも、だからこそいいんだろうなって。

シャムキャッツ

夏目:普通だっていうのがコンプレックスだったんだけどね。埋立地だから、人が作ったってことは、風土がないというか、匂い立つものがないって思ってて。でも、そういう場所を音楽とか絵にすることに意味があるなって。

— 埋立地でも、そこには生活があって、情緒があるってことですよね。

夏目:ありましたね、新発見(笑)。そう考えると、やっぱりサヌキくんの絵と相性が良かったんだと思います。他のイラストレーターだと、何でもないものをドラマチックにはできなかったと思うし、もしくは、ドラマチックになり過ぎちゃって、作品としてまとまらなかったと思う。

— 浦安で撮った “WINDLESS DAY”のビデオのエンディングで鳴るチャイムは、あの場所ならではの情緒をすごく感じました。

サヌキ:今回は景色だけじゃなくて、人に寄ってるっていうのもあるから、『AFTER HOURS』よりエモーショナルな感じするよね。

夏目:『AFTER HOURS』のときは技術が今よりなかったから、エモーションを出すのに躊躇してたんです、きっと。エモいものを出すと、『AFTER HOURS』を作る前と同じになってしまう恐れがあった。でも、今は大人になってきて、音楽的にも研究の甲斐あって成長があるので、エモいものもちゃんと操って作品にできる自信がついて、こういう作品になったのかなって。

サヌキ:僕も『AFTER HOURS』の頃だったら、人の横顔とか描けなかったと思う。技術的なこともあるし、恥ずかしさもあったし。

世の中の風潮とかフォーマットに合わせるんじゃなくて、そのときの一番ベストなチョイスを選んできたつもりだから、今回もそうするべきだと思って。(夏目)

— そもそも、配信ではなくCDの「パッケージ」に対して、夏目くんはどういう想い入れがありますか?

夏目:例えば、何か欲しいものを買いに行くとするじゃないですか? どこかのお店に見に行って、「まあいいんだけど、ちょっと違うんだよな」って思って違うお店に行く。でも、そこに売ってるものも、ちょっとニュアンスが違う……こういうことって誰でもあると思うんですけど、つまりは誰の頭の中にも理想像があるんですよね。CDに入る曲からパッケージまで作るのって、頭の中で理想しているものを自分で作れる感覚なんです。

シャムキャッツ

— 今回はミニアルバムですけど、最近ミニアルバムって一時期よりたくさん出てると思うんですね。ただ、それって新人のお試しとして、「ミニアルバムを出して、ツアーやフェスを回って、機が熟したらフルアルバム」みたいな、商業的な理由が透けて見えることも多くて。でも、今回はミニアルバムであることにちゃんと意味があって、やっぱりこういうものがいいなって思ったんですよね。

夏目:そういう話はすごくしてて、今回にしても4曲入りのシングルにもできたし、もう少し曲を増やしてフルアルバムにもできたんですよね。でも僕たちは、世の中の風潮とかフォーマットに合わせるんじゃなくて、そのときの一番ベストなチョイスを選んでこれまでやってきたつもりだから、今回もそうするべきだと思って。なので、「今回は5曲入りのミニアルバム、だってC面が作りたかったんだから」ってことなんです。このミニアルバムがちゃんと作品として捉えてもらえたら嬉しいし、捉えてもらえるだけのことはできたと思いますね。

iPhone6/6Sケース「猫がいるだけで」

iPhone6/6Sケース「猫がいるだけで」

シャムキャッツ
¥3,850
『ユースカ』第2号

『ユースカ』第2号

error403
¥1,045
シャムキャッツ『TAKE CARE』(CD+イラストブック)

シャムキャッツ『TAKE CARE』(CD+イラストブック)

2015年3月4日(水)発売
価格:1,933円(税込)
P-VINE RECORDS / PCD-18785
1. GIRL AT THE BUS STOP
2. KISS
3. CHOKE
4. WINDLESS DAY
5. PM 5:00

イベント情報

シャムキャッツ『TAKE CARE』RELEASE TOUR
2015年3月27日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:広島県 4.14

2015年3月28日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:福岡県 天神 VOODOO LOUNGE

2015年4月4日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 得三

2015年4月5日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2015年4月11日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:北海道 札幌 ベッシーホール

2015年4月17日(金)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

料金:各公演 前売3,000円(ドリンク別)

BRAND INFORMATION

シャムキャッツ

シャムキャッツ

4人組のロックバンド、シャムキャッツ。2009年春、1stアルバム『はしけ』をリリース。その後、自主制作で次々と発表したCD-R作品は全てSOLD OUT。2012年冬、P-VINE RECORDSより2ndアルバム『たからじま』をリリース。収録曲“SUNNY”がテレビ東京系『モヤモヤさまぁ~ず2』のエンディング曲に起用される。2014年の3月、最新アルバム『AFTER HOURS』をリリースし、渋谷CLUB QUATTRO公演を含む全国ツアーを開催し大成功を収める。また、アルバムの好評を得て“MODELS/LAY DOWN”を7インチ・アナログとしてシングルカット、更には“AFTER HOURS”をLP化。10月には自主企画イベント『EASY』を成功させ、DeerhoofやMac DeMarcoなど海外アクトとの共演も重ねるなど、シーンの枠組みを超えた更なるブレイクが期待される。2015年3月4日に『AFTER HOURS』の「その後」を描いたニューミニアルバム『TAKE CARE』をリリース。全国6箇所のワンマンツアーを開催。
サヌキナオヤ

サヌキナオヤ

1983年京都生まれ。シャムキャッツ『MODELS』『AFTER HOURS』のアートワークや、ジオラマブックス発行の漫画誌『ジオラマ』『ユースカ』での漫画執筆など、イラストレーター / 漫画家として活動中。

OTHER FEATURES