やっぱり「裏」がある? おいしいはなしインタビュー

インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作(2013/12/4)

VELVET UNDERGROUNDから連なる「ポップの裏王道」とも言うべき系譜を受け継ぎ、中村宗一郎を共同プロデュースに迎えた『部屋、海、草原』でデビューを果たす4人組、おいしいはなし。メロディーやボーカルはあくまでキュート、しかしサウンドやコーラスはサイケデリックで、ドロッとしたエグみもあり、もともと小説家も志望していたという中心人物コンノの描くイマジネーション豊かな歌詞も加わって、独自の空想ポップを鳴らしている。近年の東京インディーシーンのキーワードであった、シティポップ、フォーク、サイケといったキーワードを内包はしつつも、最終的にはそのどれでもない立ち位置が魅力のバンドである。
少し個人的なことを書かせてもらうと、僕の中で「サイケポップ」のオールタイムフェイバリットはSUPER FURRY ANIMALS。そして彼らの名曲“Hello Sunshine”のイントロにサンプリングされている“By The Sea”を歌っているのが、コンノがフェイバリットに挙げる1960年代のソフトロックデュオ、ウェンディ&ボニーだ。SUPER FURRY ANIMALSもまたどこにもカテゴライズ不可能な音楽性が魅力だが、しかしメロディーは一貫してエバーグリーンなものだった。そして、それはおいしいはなしにしても同じで、だからこそ、僕は彼らの音楽が好きなのだ。

ちょっとアンビバレンツというか、少女漫画みたいな世界と、サイケデリックなのがごっちゃになったような、唯一無二のことがやりたいなっていうのは思ってます。(コンノ)

— おいしいはなしはどのように結成されたのですか?

コンノ(Gt, Vo):早稲田大学のサークル出身なんですけど、最初は男だけのメンバーでやってて、音楽性もインスト系のポストロックっぽい感じだったんです。でも、それが上手くいかなくて、僕以外のメンバーが全員抜けちゃって……、その後もう少し可愛い感じというか、そんなにロックじゃない感じの音楽をやりたくなり、今につながっていく感じです。

おいしいはなし
コンノ(Gt, Vo)

— バンドは大学以前からやっていたんですか?

コンノ:バンドを組んだことはなくて、ずっと一人でやってました。宮城県の田舎の出身なんで、娯楽が何もなくて、家に引きこもって、本を読むか、ギターで曲を作るかしか趣味がなかったんです。

— それで大学に入って初めてバンドを組んでみたものの、最初は上手くいかず、今のメンバーと出会ってから形になっていったと。

コンノ:ポップスまで行かないけど、フォークっぽい要素も入った、ホワッとした感じの音楽をやりたいと思っていたので、女性ドラマーのソフトな感じがいいなっていうのがあって、ユリカさんはそのイメージにぴったりだったんです。あと歌ってくれる女性ボーカルも探してて、カナコさんとも同時期に会って。

— カナコさんの歌声はすごく耳に残るし、三人のコーラスワークも特徴的ですよね。

カナコ(Key, Vo):ただの可愛いポップになっちゃうのは違うなと思ってて、コンノくんのちょっと気持ち悪いテイストがないと、普通になっちゃってダメっていう、そのバランスは気にしてます。

— エグみありますもんね、言葉にしてもアートワークにしても。間違いなくゆるふわポップではない(笑)。コンノさんはもともとどういった音楽がお好きで、おいしいはなしのイメージを作っていったんですか?

コンノ:ウェンディ&ボニーとか、1960年代のソフトロックが好きなんです。可愛くて乙女っぽい世界だけど、ちょっとコーラスとか気持ち悪くて、サイケで、暗い感じもあるっていう、そういうのが好きですね。

— 基本的には、可愛いのがお好きなんですね。

コンノ:そうですね。小学生の頃から川本真琴さんが好きで、その流れでHI-POSIとかも好きになって、少女漫画とかそういう世界も好きです。ちょっとアンビバレンツというか、少女漫画みたいな世界と、サイケデリックなのがごっちゃになったような、唯一無二のことがやりたいなっていうのは思ってます。

— カナコさんはいつから音楽をされていたんですか?

カナコ:ピアノは幼少時代から習ってて、高校に入ってからバンドを組んで、ギターをやったりもしてました。そのまま大学になってからも音楽サークルに入って、続けてるっていう感じです。

おいしいはなし
カナコ(Key, Vo)

— ずっとボーカルだったんですか?

カナコ:歌はわりと好きっていうか、みんなが褒めてくれるので(笑)。人の声真似をするのが好きで、小さい頃からJ-POPとかを真似して歌って、家族とか友人に聴かせてました(笑)。

— どういった音楽が一番お好きなんですか?

カナコ:私は60年代とか70年代とか古いものが好きで、他のメンバーより最近の音楽は知らないんです。父親がすごい音楽好きで、その影響でずっと古い音楽を聴いてきたんですよ。

コンノ:ちあきなおみも好きだよね?

カナコ:うん(笑)。女性ボーカルを聴くのも好きで、ちあきなおみ、太田裕美、浅川マキとか、そういうのもすごく好きですね。あとジャズボーカルで、ここ1年ぐらいはブロッサム・ディアリーにはまって、ずっと聴いてましたね。

トートバッグ「Oishiihanashi」

トートバッグ「Oishiihanashi」

¥3,024

BRAND INFORMATION

おいしいはなし

おいしいはなし

ギターボーカルのコンノを中心とした、サイケ・ドリーム・ポップ・バンド。2008年、結成。何度かメンバーチェンジを経て、2010年の5月に最初のデモCDをリリース、自主制作盤ながら好セールスを記録した。2011年には2枚目のデモCDをリリース。その後メンバーの留学などを経て2012年、本格再始動。現在では音源制作はもちろん、都内のライブハウスを中心にライブ活動を行い、その個性的かつポップなパフォーマンスでインディーファンの熱い注目を集めつつある。
メンバー:コンノ(Gt, Vo)、カナコ(Key, Vo)、ユリカ(Dr, Vo)、ニシヤマ(Ba)

OTHER FEATURES