アーティストとしての強い自覚が芽生えた19歳の女の子 南波志帆インタビュー

ずっと洋楽のカバーをやってみたいという思いがあった。

— じゃあ、洋楽のカバーアルバムを作るという話を最初に聞いた時の印象はどんな感じでした?

南波:ずっと洋楽のカバーをやってみたいという思いがあったので、洋楽をやりたいっていろんなインタビューで言ってみたりしていたから、「ついにきた!」という感じでした。そういうチャンスをいただけて本当に嬉しいなって。

— 洋楽の曲調だと、自分の声もマッチするし、いろいろと試せることもある、という。

南波:そうですね。日本語の曲でそのままで歌ってしまうと甘くなりすぎちゃうようなときも、洋楽のフィルターを通すと、嫌味な感じがしないと思ったんですよね。

— 今回のアルバムで、もともと知っていた曲ってどれくらいありました?

南波:半分くらいですね。テレビのCMとかカフェのBGMで無意識には知っていたけど、実際に誰が歌っているのかを知らない曲が多くて。知っていて好きだったのはTHE CARDIGANSですね。気怠い感じのボーカルがすごく好きで、いつかカバーしたいと思っていたので。

— THE CARDIGANSの”LOVEFOOL”は、アルバムの中でも一番原曲に近い仕上がりですよね。

南波:そうなんです! 自分の憧れが強すぎて、そのまま再現したいと思ったんです。この曲くらいですね、原曲に忠実にやっているのは。

すごくのびのびといろんなことに挑戦できた気がします。

— SPICE GIRLSの”WANNABE”とか、原曲とは正反対のアプローチもありますよね。

南波:この曲は、最初に聴いたときには戸惑いしかなかったです。まず、ボーカリストが5人いるし、「どうするんだ!?」というのもあったし。お笑いの阿佐ヶ谷姉妹さんのネタの印象も強かったし。

— これが、最終的にはピアノと歌だけのしっとりした曲になりましたね

南波:まさかの泣けるバラードになってしまいました(笑)。アレンジがこういう感じだったんで、歌い方もエモい感じにしようと思って。歌詞が「友情最高! 永久不滅!」みたいな内容だったんですよ。で、自分がちょうど高校の卒業式を控えていたので、卒業式前の切ない感じをイメージして。そっちに変換しつつ、自分の大切なお友達とかを思い浮かべながら歌ったんです。

— 卒業ソングになったんだ。

南波:そうなんです、自分の中では「卒業ソング」が裏テーマでした。アッパーな曲だから、ダウナーに変換して歌ったんです。

— TOM TOM CLUBの”WORDY RAPPINHOOD”では、ラップにもチャレンジしていますよね。

南波:ああいう低く抑えたトーンで歌うことも今までなかったし、自分の新たな声質に気付けた感じがありますね。

— 自分の曲じゃなくて、洋楽のカバーだからこそいろんな歌い方のアプローチができたという?

南波:すごくのびのびといろんなことに挑戦できた気がします。この曲の「イッツ・オーケー~」というところとか、矢野さん、ゲラゲラ笑いながら「引っ越しおばさんみたいな感じでやろうぜ!」で言うんですよ。「引っ越し! 引っ越し! さっさと引っ越し!」みたいな感じで、マイクからすごく離れて歌ったりして。みんなで爆笑しながらレコーディングしていました。

— 他の曲でも、そういう笑えるポイントってありました?

南波:”WE GOT THE BEAT”とかは、原曲の感じもロックな感じだったし、私もロックに歌ってみようというのがあって。あとは、”BE MY BABY”は、よく聴くとアウトロ部分にシンセでCOMPLEXの”BE MY BABY”のフレーズを入れてたりするんですよ。そういう矢野さんの遊び心もあって。くすっと笑えるような、どこか脱力しているようなのが格好いいよねという。

— “CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU”はどうでしょう?

南波:この曲も面白かったです。この曲は、アレンジがガラっと変わって、シューゲイザーっぽい感じになっていて。私、マイブラも好きなんで、マイブラっぽく歌ってみようと思って。そしたら、矢野さんが「メーテルが鉄郎に語りかけるように歌ってくれないかな」と言うんですよ。「メーテル!?」と思ったんですけど、母性愛みたいな大きな愛のことを言ってるのかなと思って、それっぽいイメージで歌ってみたりしました。メーテルになったこと一度もないんですけど(笑)。

BRAND INFORMATION

南波志帆

南波志帆

1993年6月14日生まれ。福岡県出身。プロデューサー矢野博康との出会いを機にシンガーとしての道を歩むことを決意。2008年11月にデビューし、09年9月にリリースしたセカンドミニアルバム『君に届くかな、私。』が各CDショップのインディーズチャートにランクイン、インディーズシーンで注目される存在に。2010年6月にメジャー第1弾アルバムとなる『ごめんね、私。』をリリース。そして11年7月20日に、初のフルアルバムとなる『水色ジェネレーション』をリリースした。

OTHER FEATURES