アーティストとしての強い自覚が芽生えた19歳の女の子 南波志帆インタビュー

さらっとした、でも甘い声の方が好きなんです。

— マイブラにハマってるっていうことですけど、最近は他にはどういう類の洋楽を聴いてるんですか?

南波:マイブラは最近リマスター盤が出た『ラヴレス』を「おやすみBGM」として聴いているんですよ。ボリュームを小さくして聴いていると、すごく気持ちよく眠れるんですよね。あとは、ブロッサム・ディアリーというアメリカのジャズシンガーの人ですね。最近お亡くなりになられたんですけれど。

— わりと甘い声の人ですよね。

南波:そう。自分の声と、どこか共通点がある声が好きなんでしょうね。ブロッサム・ディアリーは、いつもお部屋で聴いています。すごくお洒落なんですよ。こういう曲調が似合う女性になりたいなと思います。

— 甘い声ってことで言うと、先日来日していたヤエル・ナイムさんとか、好きそうじゃないですか?

南波:好きです! ライブを拝見したこともあるし、なんでかわからないけど、ハグされた記憶があります(笑)。リリー・アレンさんも、来日した時に渋谷O-Eastで拝見しました。リリー・アレンは、ステージが衝撃的だったんですよね。マイクスタンドに灰皿がついていて、タバコとビールを持ちながら歌うんですよ。それがもう「格好いい!」って(笑)。くるっとターンする、そのターンの仕方が格好よくて自分のライブでも取り入れてみたり。

— やっぱり、どこか自然体でナチュラルな歌声の魅力を持つ女性シンガーが南波さんの好みにあうんですね。

南波:そうですね。どっちかというと、パワフルに歌い上げる人よりも、ささやくウィスパー系の人が好きかもしれない。ただ、ブリトニー・スピアーズさんも好きです。あと、ビョークさんも好きですね。特に『ポスト』は夢の中でも聴くくらい好き。やっぱり声に魅力を感じる人を好きになる傾向があると思います。私も一番の武器が声だと思うし。さらっとした、でも甘い声の方が好きなんです。

今度は私たちの世代が引っ張っていく立場になる。

— 先日リリースされたシングルの『髪を切る8の理由。』では様々なチャレンジもされていましたけれども。今年になって出した作品が、自分にとっての1つのターニングポイントになっている実感はありますか?

南波:いろんなものが変わっていく、いいきっかけになったのかなと思います。こうして洋楽のカバーアルバムも作ることができたし、シングルの特典CDでは10代の方たちとコラボすることもできたし。ジャンルにとらわれずいろんな垣根を飛び越えるきっかけになったと思います。「南波志帆」という決められた枠組みの中にいるんじゃなくて、飛び出てみるのも面白いって。

— シングルの特典CDの”Good morning and they reply”では、椎名もた(ぽわぽわP)さんが作曲を、イラストレーターのmeisa(めいさ)さんがジャケットの作画とミュージックビデオを手がけていますよね。お2人は17歳と18歳ですが、南波さんにとって、年下の人と一緒にモノを作る経験はこれまでなかったと思うんですけれども。

南波:なかったです! だって、デビューした頃の私の年下と言ったら、小学生になっちゃうくらいでしたから(笑)。そう考えると、私はもう中堅? みたいに思うし、歳を重ねてきたんだなあという実感もあって。そういう意味でも、いろんな刺激をもらいます。自分より年下の人達で、こんなに頑張っている人もいるんだし、私ももっと頑張らないとって思うし。いずれは私たちの世代が引っ張っていく時代もくるだろうし。

— 実際、上の世代のクリエイターに曲を提供してもらうのと違って、今回のコラボは南波さんが引っ張っていく感じだったんでしょうか?

南波:歳も上なんで、ちょっとお姉さん風を吹かせたりしました(笑)。椎名もたくんは頼りになるしっかりした方ですけれど、ボーカロイドで曲を作っている人だから、人間へのディレクションは初めてだったらしく、そこはリードしなくちゃと思って。ただ、引っ張るっていうよりは、イチから一緒に作っていく感じでしたね。

— 今の南波さんにとって、自分から発信していくというのが1つのキーポイントになっているんですね。

南波:そうですね。まだまだですけど、私からの発信で物事を動かしていきたいという思いは一層強くなったと思いますね。面白いことがあれば提案したいし、今度は私が引っ張っていく立場になりたいなと思って。やっぱり面白いことをしていきたいとますます思うようになりましたね。何年か前にも思っていたんですけど、その時には実力も伴ってなかったし、経験もなかったし、漠然としか思っていなかった。今なら発信していくことができるんじゃないかって、希望を持っています。

BRAND INFORMATION

南波志帆

南波志帆

1993年6月14日生まれ。福岡県出身。プロデューサー矢野博康との出会いを機にシンガーとしての道を歩むことを決意。2008年11月にデビューし、09年9月にリリースしたセカンドミニアルバム『君に届くかな、私。』が各CDショップのインディーズチャートにランクイン、インディーズシーンで注目される存在に。2010年6月にメジャー第1弾アルバムとなる『ごめんね、私。』をリリース。そして11年7月20日に、初のフルアルバムとなる『水色ジェネレーション』をリリースした。

OTHER FEATURES