Sugiurumnインタビュー バンドマンから転身し、世界で活躍するDJへ

これを作ったやつがもし20歳くらいだとしたら、とんでもないよね。できればそういう感覚で聴いてもらいたい(笑)。

— 今回のアルバムにはゲストミュージシャンが多数参加されてしますよね。彼らが参加された経緯もぜひ教えていただきたいです。みなさんそれぞれ、何かしらの形でSugiurumnさんのキャリアに関わってきた方々ですよね。

Sugiurumn:今回の人達は、俺がバンドをやっていた頃から音楽を続けている人が中心になってる。で、自分はこうしてDJになったけど、実際に当時と同じ形で音楽活動をやっている人って、意外とそんなにはいないんだよね。それぞれ紆余曲折を経て、それでも音楽を続けている。で、こうやって長く音楽を続けられている人って、やっぱり若かった頃に憧れていたような人みたいになってるんだよ。やっぱりそこらの人とはちょっと違う。

— キャリアが長くなるほど、同時代に活動してきたミュージシャンは少なくなっていくものですよね。

Sugiurumn:そうなんだよね。こうして自分がDJを始めてからも、辞めていったDJは周りにたくさんいたんだ。そんな中で俺がバンドをやってた頃から今でも続けている人達って、やっぱり佇まいからハンパないよ。だから、そういう人達に今の自分の音楽を聴いてほしかったし、一緒に作業をしたかったんだ。で、やっぱり全員すごかったよ。バシッと決めてもらった。

Sugiurumn

— まさにキャリアの積み重ねがないと作れないアルバムなんですね。

Sugiurumn:でもね、これはアルバムを出すたびに思うんだけど、たとえばこれがデビューアルバムだったら、めっちゃくちゃ衝撃的でしょ?

— 尋常じゃないクオリティーですね(笑)。

Sugiurumn:これを作ったやつがもし20歳くらいだとしたら、とんでもないよね。できればそういう感覚で聴いてもらいたい(笑)。まあ、さすがにそうはいかないだろうけど、とにかくフラットに聴いてほしいんだ。

今一番のカウンターアクションは、「楽しく生きる」ってことだと思うんだ。今を楽しいと言えるのって、一番パンクだと思う。

— でも、こういう言い方が適切かどうかはわからないけど、すごくメッセージ性が強い作品ですよね。

Sugiurumn:うん。実際にそうだと思うよ。

— この『May The House Be With You(どんな時もハウスミュージックと共にあらんことを)』というタイトルも示唆的というか。

Sugiurumn:これは前のアルバムを出した頃からずっと温めてたタイトルなんだ。早く言いたくて仕方がなかったよ(笑)。よく音楽を作るときに「落とし込む」って表現を使う人がいるじゃない? 「当時のサウンドを今っぽい感じに落とし込む」みたいなやつ。俺、あの言い方が本当に嫌いなんだ。なんか、すごく作為的な感じがするし、自分にも嘘をついているみたいでさ。「そのままやれよ」って思う。そういう気持ちはバンドの頃からずっとあってさ。

— 自分が好きな音楽に対して、もっとピュアな気持ちで取り組んでほしい。そういうことですか。

Sugiurumn:そうそう。特に今こういう時代でしょ? 今一番のカウンターアクションは、「楽しく生きる」ってことだと思うんだ。今を楽しいと言えるのって、一番パンクだと思う。

Sugiurumn

— なるほど。その気分がこのタイトルの言葉につながっているんですね。

Sugiurumn:そうだね。「大丈夫だよ」って。で、それはバンドの頃から本質的な部分としてまったく変わってないんだ。

— あと、歌詞にタナソウさん(田中宗一郎)の対訳が付いていますね。

Sugiurumn:そうそう、タナソウの対訳がホントに最高なんだよ。彼に生まれて初めてインタビューされたんだ。まだElectric Glass Balloonはデビュー前だったんだけど、ロッキング・オンが3か月連続で取り上げてくれて、その時の担当がタナソウでさ。そこでタナソウが「杉浦とはこういう人間だ」みたいなコラムをやってくれてたんだけど、そのタイトルが「心に茨を持つ少年」でさ(笑)。

— それは(笑)。

Sugiurumn:The Smithsの曲名なんだけどね(笑)。まあ、あの頃は俺も二十歳だったからさ(笑)。今はそれが恥ずかしくないし、昔の自分が戦う相手じゃなくなったからさ。タナソウに今回お願いしたのは、そういうところはあったかも。

— つまり、「心に茨を持つ少年」的な見られ方に少し抵抗を感じた時期もあったんですね。

Sugiurumn:そうだねえ。バンドの時はホントに歌も演奏も下手だったし。それでも一生懸命やってるから、徐々にうまくはなるんだよ。でも、そこでもっと突き詰めればいいのに、またできないことをやろうとしちゃうもんだからさ。あの頃はその繰り返しだったね。でも、今は作りたいと思ったものがちゃんと作れるようになったんだ。そういう意味では、今回のアルバムはひとつの到達点かもしれない。それこそ今は魔法使いみたいに思ったものが形にできちゃうから。レーベルではマスタリングなんかも俺がやってるんだよ。曲によってはミックスもやってるし。

— マスタリングまでSugiurumnさんご自身がやってるんですか!?

Sugiurumn:もちろん全部じゃないよ。みんな自分でやれる人達ばっかりだしね。でも、そうやって若い頃にああでもないこうでもないと思ってたことが、今ではすべてひとりでやれるようになっちゃったから。

BRAND INFORMATION

Sugiurumn(すぎうらむ)

Sugiurumn(すぎうらむ)

世界最先端のハウスシーンと常にリンクする唯一無二の日本人DJ/プロデューサー。 2004年にリリースしたアルバム『Our History is made in the night』が日本のダンスシーンで大きく注目され、アルバムからシングルカットされた「Star Baby』が大ヒット。2006年に世界最高峰のクラブ、Pacha IbizaのミックスCDのDJに選ばれPachaのメインフロアで4,000人のクラウドをロック。Pachaから絶大な信頼を受け、それから3年連続で毎年Pacha IbizaのMix CDを手掛けている。 2007年、AVEXに移籍し『What time is summer of love?』をリリース。アルバムからのシングル「Travelling」は世界中のレーベルからライセンスのオファーが殺到。2013年4月シリアスなダンスミュージックを世界に発信するBASS WORKS RECORDINGSをスタートさせた。そして7月24日、ワーナーミュージックより、6年振りとなるオリジナルアルバムを『May The House Be With You』発売する。クラブミュージック、その先のビートはきっと彼が教えてくれるだろう。

OTHER FEATURES