向井秀徳インタビュー「すとーりーず・おぶ・向井秀徳」

バンドっていうのは非常に特殊な集合体で、よくスポーツチームと比較されたり、例えられたりすることもあるんですけど、まったく違うものですね。

— 「理想とするロックバンドの形を追い求める」という話がありましたが、ひとつの例としてよく名前が挙がるのがLED ZEPPELINですよね。

向井:私が例えに挙げて最初に言ってましたからね。LED ZEPPELINもホントにいろんな音楽性を含んでて、ジャンル分け不可能なLED ZEPPELINミュージックみたいなオリジナリティーがあるんで。

— ちなみに、通算5作目にしてアルバムのタイトルが数字ではなくなっているのは、LED ZEPPELINと同じパターンだと思うのですが、意識はされていたんですか?

向井:いや、4年振りですから、何か新鮮な文字面にしてえなと思って。LED ZEPPELINをなぞるんであれば、(LED EPPELINの5作目は)『Houses of the Holy(邦題:聖なる館)』っていうタイトルですけど、”Houses of the Holy”っていう曲が、その次のアルバム『Physical Graffiti』に入ってるんですよ。今回は『すとーりーず』っていうタイトルで、この中に”すとーりーず”っていう曲がもうこのアルバムに入ってるから、LED ZEPPELINの法則からは外れてしまっておるんです。もっと言えば、LED ZEPPELINの4枚目は正しくは『IV』じゃなくて、タイトルがなかったから、4枚目の時点で我々はLED ZEPPELINの法則には従ってないんです。

— なるほど、よくわかりました(笑)。「4年振り」というのは、これまでのZAZEN BOYSの作品のブランクの中で最長ですが、それだけ本作の方向性を決めるのに時間がかかったということなのでしょうか?

向井:いついつまでに新作をリリースするって締め切りを自分で決めてれば、それに向けてスケジュールを立てて行動していくんですけど、誰かにやれって言われないとできない性分なので、なかなか重い腰が上がらなかったわけです。あとは、ライブ活動をずっと継続してやってましたからね。作品制作はある程度まとまった期間を設けないとできないので、その期間を設けることがなかなかできなかったっていうのもあるね。

— 制作中にライブをすることは近年のZAZEN BOYSにとってとても大きな意味のあることになっている印象があります。スタジオで構築したものを実際にライブで演奏して、そこで得たリアクションやフィーリングがまたスタジオに還元されているような。

向井秀徳

向井:そうですね。今回作りかけのものもバンバンライブでやってたし、ある程度曲になって、ライブで演奏して、録音もしたんだけど、アルバムに入らなかったのもいっぱいありますね。曲が外れるのは毎度のことなんですけど、曲が最終的に寄り集まって、結果的にひとつの作品の雰囲気とか、そこに流れるひとつの筋みたいなものが見えてくるわけです。そのムードみたいなやつが見えてきたときに、「この曲は今回の流れには合わない」って外れて、一生日の目を見ないとか、そういうのも出てきたり。

— 本作はまさにバンドサウンドで、各楽器の絡みがものすごいことになっていますよね。オリジナリティーっていう言葉がちょっと軽く聞こえるぐらい、「何この絡み?」っていう瞬間がホントにたくさんありました。

向井:絡み合いっていう部分の試行錯誤はしましたね。コードの絡みあい、リズムの絡みあい、どう絡んだら気持ちいいかっていう場所を探す作業はずっとやってました。

— それは実際に合わせてみて、感覚でジャッジしてるんですか?

向井:そうね、私は楽理を勉強してないんで、すべて感覚でやるしかないですね。

— 今の4人のメンバーっていうのは、すでにZAZEN BOYSとして最も長くやっているメンバーになっていて、そういう意味でバンドとしての呼吸みたいなものが出来上がってきたことも大きなポイントだったのではないかと思うのですが。

向井:バンドで重要なのはその呼吸合わせですね。いくら必死こいて練習しても、呼吸が合ってないとずれます。人と人が息を合わせるっていうのは、重要なことですね。

— では、呼吸を合わせるために大事なことは?

向井:バンドっていうのは非常に特殊な集合体で、よくスポーツチームと比較されたり、例えられたりすることもあるんですけど、まったく違うものですね。スポーツチームっていうのは、勝つか負けるか、タイムを縮める、そういうわかりやすい目標があるわけです。それを達成するために、チームが一丸となって練習するものなんですけど、バンドっていうのは「勝つ」って言っても、「一体誰に勝つんだ?」と。大会があるわけでもないし、そういう目標はないわけで、いかに呼吸を合わせて、快感を得るかってことですからね。バンドで音を出した瞬間の、あの何にも得難い快感を求めてやってるわけです。

— 確かに、全然違うものですね。

向井:ただ、ライブっていうのは目の前にいる人たちに突き刺す、ぶつける、届けるっていう風に意識の方向性が定まってるから、そこにおいては呼吸をみんなで合わせて、音の塊となって届けるっていうことがしやすいわけです。なので、(呼吸を合わせるには)ライブの経験を積むことが重要かもしれないですね。

BRAND INFORMATION

ZAZEN BOYS

ZAZEN BOYS

メンバーは、向井秀徳(Vo,G,Key)、松下敦(Dr)、吉田一郎(B)、吉兼聡(G)。元NUMBER GIRLの向井が中心となり、2003年結成。MATSURI STUDIOを拠点に音源を発表、国内外で精力的にライブを行っている。メンバーは、向井秀徳(Vo,G,Key)、松下敦(Dr)、吉田一郎(B)、吉兼聡(G)。元NUMBER GIRLの向井が中心となり、2003年結成。MATSURI STUDIOを拠点に音源を発表、国内外で精力的にライブを行っている。メンバーは、向井秀徳(Vo,G,Key)、松下敦(Dr)、吉田一郎(B)、吉兼聡(G)。元NUMBER GIRLの向井が中心となり、2003年結成。MATSURI STUDIOを拠点に音源を発表、国内外で精力的にライブを行っている。

OTHER FEATURES