人気マンガ家・小山健インタビュー みんなが言えないことを笑いに変える「偏愛」の力

最終的には批判は無視します。傷つきながらも無視してますね。

—逆にこれはダメだったっていう経験はないんですか?

小山:やっぱり、気持ち悪いみたいな意見もありますよ。思い切ったマンガを描いたときに、「わかる!」みたいな人もいれば、「女に気に入られようとしている」とか、「なんだこいつ気持ち悪い」みたいなのがコメント欄に出てきたり。

—それは気にしない?

小山:いや、僕は人の目を気にするので。やっぱりダメなときはあるんですけど、それで調整しておとなしいものを作ってもポイントは稼げないし、仕事もなくなっちゃう。そこは死活問題なので、最終的には批判は無視します。傷つきながらも無視してますね。「この人はダメだったな、じゃあね」っていう。

—99%がアンチだったとしても、1%がファンだったら、日本だけでも100万人ですしね。

小山:いや、99%アンチは嫌です。せめて60%はほしいです。勝ち越したい。

—話を戻しますけど、ブログにマンガを描き始めて、仕事が来るようになり、会社を辞めるわけですよね?

小山:そうですね。でも、そのときはもう印刷会社は辞めていて。友達から紹介してもらった似顔絵の会社みたいなところに所属して、ショッピングモールやテーマパークで似顔絵を描いていたんです。それもその場しのぎで続けていただけなんですけど、飲食店でバイトするよりはいいんじゃないかと思って。それから仕事もちょっとずつ増えて、完全に移行できるかなと思って、似顔絵の仕事は辞めたんです。

小山健

—そのタイミングで始まったのが、フリーランスの仕事をテーマにしたマイナビでの連載『見捨てないでください』ですか?

小山:タイミングは覚えてないんですけど、『見捨てないでください』が始まったのは3年前くらいだったかな。フリーになって1年くらいしたとき。でもあれ、削除してほしいんですよね。仕事をくれる人に文句を言うマンガじゃないですか。絶対ダメですよね。

—あれを見て不快になる人はいないと思いますよ。

小山:そうなんですかね。でも、これを続けてちゃダメだ、もっとやさしいやつを描こうってことで、マイナビで『osaka.sora』を始めたんですよ。ちょうどこの時期は、他の仕事で「このセリフは問題がある」とか、「ちょっと過激じゃないですか?」とか、NGを出されることが多くて、ここだけは平和なものをやりたかったんです。

—『osaka.sora』は、どこまでフィクションなんですか?

小山:あれは会話のマンガなので、友達としゃべったことだったり、ラジオで芸人さんがしゃべっていたことだったり、そういうことを思い出して、主人公のふたりにしゃべらせるだけっていう簡単なお仕事です。

小山健
『osaka.sora』

—マンガでは男女で話してますけど、男同士で話していたことも入っていたりするわけですか?

小山:そうですね。「こんな会話ができる仲っていいな」と思ったものを持ってきて。もともとは『tokyo.sora』という映画で、男性が「今日、ランジェリーパブに行ってきてさ」みたいなことをしゃべって、女性がそれを聞くみたいなシーンがあるんですけど、なんかいいなと思ったんですよ。それで、なんでもない会話でも、ふたりが仲良さそうにしゃべってたらいいんじゃないかと思って、タイトルもお借りして。

—『オモコロ』での企画『死ぬ前に1回やっとこう』は、どういう経緯で生まれたんですか? 完全に体を張った作品ですけど、もはやマンガというよりもジャーナリストだなと思ったんです。

小山:あれはさらけ出すのともまた違う、企画ありきの体験マンガですよね。「人間」っていう大阪の会社の人と「何する?」という話になって、「僕、日記マンガしか書けないんですよ」って言ったら、ああなったんです。僕は高校から25、26まで、彼女もいないわ、仕事もつまんないわ、お金もないわ、泥船のような時期が長くて、取り戻そうというのがあったんですよね。

—小山さんはそのご自身の経験から生まれた作品を通して、読者にどんなことを感じてほしいですか?

小山:そういうのあるかなぁ……、ただただ笑ってほしい。ウケたい。きれいな女性にウケたいです。

—相手にどう感じてほしいよりも、自分の願望というか。

小山:そうですね。そこは本当に純粋な気持ちで、芸人さんが笑ってほしいと思うことと同じかもしれないです。……なんか、こうやってちょっと成功者っぽくしゃべってる自分が嫌ですね。何も成し遂げてないし、CINRA.NETのインタビューだったら、確実にろくろまわしてる写真を撮られるじゃないですか。写真の上に白抜きの文字で、ちょっと意識高い感じの発言を入れて。だからゲスい発言もしていかないと、おしゃれ成功者っぽくなっちゃう。

Tシャツ「男子Tシャツ」(ホワイト)

Tシャツ「男子Tシャツ」(ホワイト)

小山健
¥3,300
Tシャツ「女子Tシャツ」(ホワイト)

Tシャツ「女子Tシャツ」(ホワイト)

小山健
¥3,300
Tシャツ「動物Tシャツ」(ホワイト)

Tシャツ「動物Tシャツ」(ホワイト)

小山健
¥3,300
Tシャツ「さち子とムギ」(ホワイト)

Tシャツ「さち子とムギ」(ホワイト)

小山健
¥3,300
Tシャツ「小山 健」(ホワイト)

Tシャツ「小山 健」(ホワイト)

小山健
¥3,300
Tシャツ「キメラ」(ナチュラル)

Tシャツ「キメラ」(ナチュラル)

小山健
¥3,300
Tシャツ「マーマン」(ライトブルー)

Tシャツ「マーマン」(ライトブルー)

小山健
¥3,300
Tシャツ「ミノタウロス」(杢グレー)

Tシャツ「ミノタウロス」(杢グレー)

小山健
¥3,300

BRAND INFORMATION

小山健

小山健

マンガ家・イラストレーター。雑誌・書籍・WEBなどでお仕事しています。

OTHER FEATURES