テキスタイルパネル「contemporary」

カラー
サイズ
  • 発売日 :2015年11月4日
  • サイズ :縦30cm x 横30cm × 厚さ2.5cm
  • 素材  :ポリエステル、木
  • 加工方法:昇華プリント
  • ※商品の色調は、ご覧のディスプレイの特性で撮影写真と若干異なる場合がございますのでご注意ください

他のインテリアにも馴染みやすいシンプルなデザイン

どこかアンニュイな表情のイラストを手がけるSAITOE。コンテンポラリーダンサーを目指す女の子が描かれたテキスタイルパネルは、モノクロの配色の中に唇の赤が効いたスタイリッシュな仕上がりが魅力的です。曲線的なイラストが面白いこちらですが、色数も少なくすっきりとした印象なので、手持ちのインテリアにもきっとすんなり馴染んでくれます。どこに飾ろうか考えるのも楽しいテキスタイルパネルです。

{alt}

テキスタイルパネルとは

作品をポリエステルの生地にプリントして木製のパネルに貼ったものです。インテリアとしてそのまま壁に立てかけたり、引っ掛けて飾ったり、気軽に作品を楽しむことが出来ます。

プリント方法

「昇華プリント」という方法でプリントしています。転写紙などに昇華インクを印刷し、190度~210度ほどの高温の熱をかける事で、インクが気化し色を浸透させる独特な加工方法です。生地に浸透させるため表面には印刷した違和感が全く残らず、風合いがやわらかく、気化した粒子が細かいため細部まで美しく忠実に再現されます。また、伸縮に強く通気性があるため、ひび割れやインクのはがれ、色落ちなどがありません。

{alt} {alt} {alt}

飾り方について

1. 壁に立てかけて飾る
棚やイス、床の上など、お好きな場所へそのまま置くだけ! 手軽に飾れるのがテキスタイルパネルのいいところです。置くだけでガラッとお部屋の印象を変えることができます。

2. 押しピンを使って壁に掛ける 用意するもの:押しピン2個(テキスタイルパネル1点に対して)

{alt} 飾る壁に押しピンを2個刺して、パネルを引っ掛けるだけでOK。軽量なので、壁から落ちることもほとんどありません。突起のあるダルマピンがおすすめ。

3. 紐を貼って壁に飾る 用意するもの:ヒートン2個、凧糸1本、押しピン1~2個

{alt} 最もしっかりと固定される付け方です。ヒートンとは壁などにねじ込む物を吊り下げるために用いる金具の一種。別名はてなフックとも言います。

{alt} パネル内側の木枠部分にヒートンをねじ込みます。そして凧糸をヒートンに通して、ピンと張るように結びます。

{alt} ヒートンの取り付け位置は両端同じ高さになるように注意。あとは2の手順で壁に押しピンを刺して引っ掛けるだけ。

ピクチャーレールがすでに設置されている場合は、2本のワイヤーに引っ掛けて飾ってくださいね。一手間かかりますが日曜大工気分でどうぞ!


■ SAITOE
1986年東京生まれ。幼い頃から独学でイラストを描き続ける。2012年頃から少しずつwebマガジン、雑誌、イベント等にイラストの提供をする。 SAITOE
カテゴリ
インテリア
ジャンル
テキスタイルパネル
出荷目安
受注生産アイテムにつき、決済完了後、土日祝日を除く7営業日以内に出荷

RELATED ITEMS

YOU MAY ALSO LIKE

RANKING

POPULAR BRANDS

RECOMMENDED